タグ:船乗りの想い出 ( 3 ) タグの人気記事







おはようございます。







今日のわんこ当直

無事終了の図。

d0362666_09035085.jpg

のんちゃん朝迄に、

3回起きました。





全ておトイレですが、

クゥークゥー鳴く事なく

すぐ眠りました。




良かった。







私はその度に、

約3時間で自動消火になる

ファンヒーターを延長にして、

室温管理も。


(素晴らしいシステム!

でも、こんな時だけ、

自動消火解除できないかな)




眠いです。







ソファーで寝ているのですが、


慣れていないし狭いので、

寝返りがうてないからか体が痛い。


切れ切れの睡眠で、

寝不足感は否めない。









話が脱腺しますが。

こんな事をしていると、

昔の自分を思い出します。





昔。


毎日不規則極まりない、

当直勤務のある仕事をしていました。




異動は多かったけれど、


大抵の部署が

女性は私だけでした。




なにかあれば、

増員で交代せず一晩眠らない事も

日常茶飯事でした。



特に、

船に乗る部署にいた頃。






しかし、

若くて体力もあり、

やはり男性にはかなわなかったものの、

同じ様に業務をこなしていました。





もう、

あんな頑強な私はどこにもいない。


そして、

当直交代の交代要員もいない...

…(¯―¯٥)








ハァ~💨

゛これからどうするかなぁー゛

と、

思案中。






私のカラダがもたなくなったら、

もともこもないので。














+++










のんちゃん。

d0362666_10565668.jpg

ぐっすり眠っています。






こっそり

d0362666_10581834.jpg

目薬をさしました。






まだまだ

d0362666_10583475.jpg

眠っていましたが、



この後、

目覚めて起き上がり、


ついでに服を替え、

お水を飲んだりおトイレしたり。





そしてすぐ、

またクゥークゥー鳴き出しました。






毛布を掻き回しながら、

また、

ベッドの上を

ひたすらくるくる回りながら、


鳴き続けました。








“これは発作が来るかも...”


と、

思い、

冷蔵庫からニトログリセリンを

持ち出して、


のんの傍らで見守りながら待機。







約10分後。


なんとか座り込み、

やがて伏せの体勢になりました。









それからさらに

10分程経った今。

d0362666_10585700.jpg

やっと頭もベッドに降ろし

安定した状態に。






10分間もくるくる動いてる事じたい、

非常に心臓に悪いのですが、


ほんにん、

そうしていないといられない

痛みがあるのだろうな...。













+++











当直明けの空。

d0362666_10463618.jpg

お日さま。


だいぶん昇ってしまいました。





今日もいいお天気。

d0362666_10465119.jpg

一日どうか宜しく願います。












+++











とにかく眠くて仕方ない。






食事よりなにより、

まずはコーヒーを。

d0362666_11483854.jpg

ナッツと栗とチョコと共に...。

もう朝食代わりにしてしまおう。





わんこごはんや洗濯物を優先して、

食事は午後から取ろう。














+++











のんちゃんにいつものお薬。

d0362666_12191508.jpg

チーズにくるんで。







ずっと、

砕いてごはんにかけていましたが、

最近はごはんを残しがちなので、


確実に投与する為に

この手法に。



上手くいきます。













+++











わんこごはん。




みかんは即ぺろり。







かたや、

のんちゃん。



思ったより食欲はあり、

食いつき具合もよい方。




最後、

カップに約50cc分残したけれど、

許容範囲でOK。






次に、

無理矢理起こす事を

避けたいので、


自主的に起きている間に

一気にあれこれする。




まず、目を洗浄に目薬。





そして、左腕の処置。



昨日したので

本来明日の予定だけれど、


明日の体調が

どうなるか分からないので、

今日もする事に。





ほんにんに体力が必要な時間を、

d0362666_14144615.jpg

少しでも減らしたいので、




集中して手際よく処置。

d0362666_14141692.jpg

5分で終了。






ごはんを食べてから

立ちづめなので、

ドキドキです。









しかし、

さらに5分後に見たら

d0362666_14162753.jpg

穏やかにベッドの上で伏せていて、

d0362666_14164676.jpg

心底ホッとする。









穏やかだったり

悲痛そうだったり...。



そういう状態の毎日、

また、日内変動を、

繰り返していくんだろうな。





これ以上良くなる事や

これ以上若くなる事も当然ないし、


いつか必ず来る日を見据えて、


今この瞬間の連続を

穏やかに受け入れ、


日々を過ごして行こう。






これは人も同じ。



人間だって犬だって、

生き物が持つ命はみんな同じ。


命の質はみんな同じ。





理想の生きざまがあるように、

死にざまだって大事。






ただ、

ペットの犬はそれを選べない。


飼い主しだい。






だから、

よく読み取って、

最低限、痛みだけは、

出来る限り取り除いてあげたい。





痛みに弱い私だから
余計に分かる。





痛いままどんどん状態が悪くなる中、

ただ長く生きる方がよいのかどうか。



人間には様々な理由があり、

様々に最後の生き方を選べるけれど、


゛わんこはどうだろう?゛

と、

思う。








以前、

末期癌のゴールデンのはるの

最後の選択に迷った時。




院長先生が、


「飼い主さんが一生懸命に、

はるちゃんの為に

悩んで出した答えは、

はるちゃんにとっての最善であり、

はるちゃんが望む事だと思います。」


...と言う様な事を仰ってくださった事を

思い出しました。







そう言う事もひっくるめて、


はるが、

晩年命をもって教えてくれた事が、


その後の母の看取りにおいても、

心の持ち方や関わった経験などが

少なからずいきたように、


のんちゃんも今、毎日私に、

とても大事な事を教えてくれている。







大事な輝く宝石の様な時間。




指の間から、

こぼれ落ちた僅かな宝石の粉も、

すべてもう片方の手で
残らずすくいとりながら、


今を過ごそう。














+++











みかん。

d0362666_19323354.jpg

おやつ。






第1段。

d0362666_19325800.jpg

「♪」






昨日は、

なんにもなかったから、

d0362666_19334404.jpg

嬉しいね。








黒豆納豆と

d0362666_19344478.jpg

お豆腐。

d0362666_19351810.jpg

ぺろり。








「おいしかったよ」

d0362666_19355247.jpg

よかったね。














+++












みかん。

d0362666_18260438.jpg

まったり。






うとうと。

d0362666_18262293.jpg

眠い...






ちょっとずつ、

d0362666_18272980.jpg

沈む...













+++











昨日買ったマグロ。

d0362666_18115357.jpg

蒸してます。



もう、ちょっと、

火が通っています。








先日行った、

二見町の産直市場で買った、

d0362666_18130870.jpg

無農薬さつま芋も蒸します。





どっちも
わんこごはん用。








どっちも

d0362666_18341252.jpg

蒸し上がりました。













+++











みかん。

d0362666_19365997.jpg

おやすみのところ

ごめんやけど。







おやつ。

d0362666_19375606.jpg

「おやつぅー?」







おやつ。

d0362666_19383711.jpg

「♡」







第2段。

d0362666_19394568.jpg

「だいにだん?」







どうぞー。

d0362666_19402610.jpg

d0362666_19404684.jpg

ぺろぺろぺろり。








「おいしかったなぁー」

d0362666_19412158.jpg

「ふむふむ...」






ふぁ~~💨

d0362666_19423085.jpg

眠い?












+++











のんちゃん。

d0362666_18524876.jpg

(午後6時50分ののん)






今日を振り返ると、

やはり、


辛そうに鳴く事が

何回かありました。






特にお水を飲んだ後が

より辛そうに鳴く様に感じます。



冷たいお水が体に入って、

心臓が一気に冷えるのかなぁ。




やっぱり不安定です。







今晩も当直入ります。













+++











皆さま。

沢山のお声かけをしてくださって、

本当にありがとうございます。








4年前。


ゴールデンのはるの

看護や介護の時は、


Zさんは仕事で殆どいませんし、

私は車に乗れないし、


おトイレは、

外でしかしない子だったので、

35㎏程あるはるの前足の脇に腕を通し、

一日に何回も引きずる様にして

用足しに出ていました。



わが家の玄関先は、

7段の階段なので、

リビングのはき出し窓から

毎回引きずり出していました。



その度に、はるの、

「ごめんね」

...と言わんばかりの表情を

見るのも可哀想で、


“一番辛いのははるなんだから”


と、

毎日限界を越えて頑張りました。


絶対後悔をしたくなかったし。







しかし。


どんどん

状態の悪くなるはるを看ながら

お世話する日々は、


心は悲しく体は限界で、


はるとふたり、

この世から取り残されたような

辛くて孤独な、

はると共に歩むはるの晩年でした。








こちらの団地に
私達が越して来る前に、

なんでも近隣で、


犬を飼っている方と

飼っていない方の間で、

なにやら揉め事があったらしく、


人間関係は良いのですが、


飼い犬に関わる事を、

皆さん避けてみえるのが分かりました。




「人間大好き!」のはるには

大変可哀想な事でしたし、


余計に孤独でした。








でも、

のんは幸い

おトイレはトレー上ですし、


もともとはるみたいに

「人間大好き!」じゃない。


私達さえ居れば...という子。








そしてなにより、

今回のんの看護介護に於いては、


ブログという

間接的な関係性ではありますが、




皆さまのおかげで、


(緊張感はどうしてもかなり

ありますが)




はるの時の様な孤独感を

感じる事なく過ごせています。





本当に有難い事です。


感謝しかありません。






皆さまありがとうございます。


<(_ _*)>








d0362666_18534817.jpg


**















お返事遅くなってます。

申し訳ありません。


とても嬉しく

拝見させて頂いております。


ありがとうございます。















+++












今日も一日


ありがとうございました。



(*˘︶˘人)✲゚*♡ 











どうか明日も


皆さまにとりまして





幸福な


一日でありますように...



(๑´∀`๑)








おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2017-12-29 20:29 | わんことつぶやき。 | Comments(3)

夢見る船乗り。







おはようございます。






しばらくぶりの、

朝の抜ける青空です。

d0362666_07530513.jpg



どこを見ても、


雲がありません。




d0362666_07532895.jpg
7月最後の一日です。



盛夏。



ジワジワ油蝉。













みかん。



仲間の父ちゃんが、

ちょっと朝からお出かけで、


お見送り。
d0362666_09050368.jpg

「いってらっさい」






ふたたび車の父ちゃんに、
d0362666_09061610.jpg

「いってらっさい」












あ。


お気づき?








主人。


仕事で引っ越しが頻繁。





家計はヒーヒー(泣)ですが、

ご覧の通り、

ワゴン車もあります。








近づいてくると...。


ゴーっと、

ちょっとしたバスの様な音。







乗り込むときはいつも、

エイヤッ!...と瞬発力を使い、



「了解!出動します!現場へ急げ!」


と、

急いでもいないのに呟きます。








からだの具合が悪い日には、


「え~っ!コレで行くのー!」


...と文句も出ます。










しかし。

+++ 主人のお気に入り。 +++

これ重要!!








それに。

乗り込んでしまえば、

案外乗り心地がいい車。



目線が高く見晴らしも良い。












昔。



大きな船に乗って、

仕事をしていた時期があったのですが、


ほんのちょこっと、

あの感覚に似ていています。






大好きな船だったゆえに、

時折ほろっと懐かしさも感じます。









乗っていると思わず...、



「 左舷後方よーし。

右舷前方から自転車あり。

面舵いっぱーい。

取舵いっぱーい。


よーそろーーー。」




...とか(馬鹿?)

ひとりブツブツ呟く時間でもあります。







まあ。

たまには動かしてあげないとねぇ。








*****







ちなみに。


先程の古い、いとしの船(M号)。







異動で陸上勤務になって、

船を降りる最後の日。




ひとり船内の壁に触れながら、



感謝の言葉をかけつつ、

ぐるっと一周し、



感慨深い思いで、

名残惜しく船を降りましたっけ。




d0362666_15171589.jpg





あのとき。


不思議なんですが、



大きな鉄の塊のモノでなく、

豊かな生命を感じたんですよね。






実際のところ、

命を守って頂いていたわけですし、


まるで親のような親友のような...そんな感覚。








今でも時折。


またあの中で揺られたいな~、

と思う瞬間があります。





d0362666_15152279.jpg


だからか、


ちょぴっと、

主人の気持ちもわかるかな...。












いとしの船。



そろそろ引退の時期だろうけど、





今も現役で、


この瞬間も、

どこかの大海原で大活躍しています。




d0362666_15162325.jpg




頑張れ!



そして、

ありがとう。




d0362666_15113239.jpg





*****


( 絵は、

船乗りに憧れていた当時。


ユーミンの

「海を見ていた午後」♪を題材にして、

漫画を描いたときのものですな。


この数年後に夢を叶えるわけですが......。



ヘタクソですが懐かしい。


古くて汚れが目立ち、

少し修正を入れました。)


*****














午後。


南の庭。

ミモザの幹にもたれかかって、
d0362666_14243242.jpg
ピンクの鹿の子百合。


やっと咲きました。





まだまだうしろに、
d0362666_14281853.jpg
次々に控えています。



白や濃いピンクも、

隣や庭の奥や北庭に

控えています。



楽しみ。











お日様が当たりすぎて、

分かりにくいですが、
d0362666_14351400.jpg
この暑い庭で、

最も元気に咲くパンジー。














部屋に戻って。

わんこごはん。




のん。
d0362666_16552024.jpg
よく食べてくれます。


ありがとう。








食後。

満足体操のあと、
d0362666_16561410.jpg
巣作りを、


d0362666_16565042.jpg
一生懸命に、


d0362666_16571870.jpg
一生懸命に…、






やっとこさ終了。
d0362666_16581592.jpg
こちらが、


見てて、




「ふぅ~💨💨💨」
d0362666_17020366.jpg
お疲れさん。






ああ。
d0362666_16594576.jpg
落ち着いて、




眠くなったね。
d0362666_17023502.jpg
おやすみ。











かたや、

みかん。


ちよっと残しました。




まあ、

いいでしょう。






別腹のナッツ食べる?
d0362666_16231741.jpg
「たべるー」







上を向けば、
d0362666_16243760.jpg
葱坊主。







前を向けば、
d0362666_16254544.jpg
ベートーベン。







この不思議な頭とも、

明日のトリミングで、



サヨナラです。
d0362666_16272802.jpg
どーぞ。





よく噛んで食べます。
d0362666_16275860.jpg
「はがはが」














日暮れ前。


2階の窓から覗く空。
d0362666_18351198.jpg
南は雲で全滅。




西に、

少し色づいてきた空を見つけました。



これだけで、

じゅうぶん嬉しい。













リビングに戻って来たら、

みかん。



父ちゃんとまったり。
d0362666_18384185.jpg
明日は、

しつこいけど、

朝からトリミング。







見納めフォト。
d0362666_18394685.jpg

d0362666_18403914.jpg

d0362666_18410028.jpg
糸目。






はい。

満足しました。









父ちゃん疲れて、

さんぽ行かないって。




ごめんしてね。










今日も、

一日が無事に終わりそうです。




ありがとうございました。




またあした。








∞ つづく ∞











にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2017-07-31 21:51 | わんこと庭と心のはなし。 | Comments(2)

巣箱。


今日も
暑い一日でしたね。



昼ごろ庭に出てみると。
昨日、
瀕死状態だった鉢ばらが、
見事に
復活してました。
良かった...。



そして、

d0362666_14185578.jpg

白いレースのような
ホタルブクロ。

....




ところで。


みなさんの
お庭に、
野鳥はやって来ますか?


カラスはちょっと困るけど。

留鳥なら、
スズメやメジロ、
シジュウガラにヤマガラ、
ヒヨドリにキジバト..。

漂鳥の
ウグイスやエナガ。

ジョウビタキやツグミや
シロハラは、
もう渡ったかな...?



わが庭には
一年中、
なにかしらの
野鳥たちが、
飛来してくれます。


ほったらかし...。
が。
こういう時は
功を奏して。
生態系のバランスが
良いのか。
小型の猛禽類まで
やって来て、
慌てたことも...。


いわゆる、
自然界の、
弱肉強食
ってやつですね。

あれ?
これいいのか?

小鳥が襲われるのは、
見たくないですから。



で。

d0362666_14184053.jpg

バードバスです。




浅めの大皿で
代用してます。


小さな鳥が
入って、
ちょうど
お腹が浸かるくらいです。


水浴びしたり、
飲んだり。


たまに
数種類の
小鳥たちが
混浴してます。

泣けるくらい
可愛い光景です。



それと、

d0362666_14191043.jpg

巣箱です。



只今、庭木から外して
メンテ中です。



d0362666_14192819.jpg

屋根、開きます。
お手製です。


...が故にか。
何が悪いのか...。

もう、
取り付けて、
5~6年程経つのですが。

今だ入居者
皆無です。


きっと、
何かがお気に
召さないのでしょう。




で。

d0362666_14194206.jpg


今年。
遠い国から
やって来た、
本格的な
巣箱を
買いました。




取り付けシーズンは
10月頃。


それまで、
お部屋で
見て楽しみつつ、
勉強いたします。




 左端の船舶時計。

(..なんちゃって..、
かもしれませんが、
見た目は一緒です。)

昔、
船乗りだった頃。

大好きだった計器色を
しています。 
ぺパーミント色に近いかな。

この色で、
よく、
ペンキ塗りを
させられました。

楽しかったな。


遠い遠い昔の、
想い出話ですな...。




......





d0362666_14412577.jpg

母ちゃん...。
それ、
いつ終わるの?



d0362666_14413847.jpg

みかん、
眠くなってきたよ。




d0362666_15002942.jpg

おやすみなさい。















by mimanon | 2017-05-21 18:26 | わんこと庭の小鳥。 | Comments(0)