*** きょうのできごと ***










朝。






みかんのお尻。

d0362666_18040183.jpg

失礼します。







父ちゃんのお見送り。

d0362666_18041579.jpg

ちょっと頭見えてるよー。







季節の変わり目。



毎日雨雨雨...

d0362666_18042848.jpg

Z「みかんちゃん行って来ます」







「またおらんくなるんかー」

d0362666_18043990.jpg

「またくるやろ❓おったらええのにな」







「なんでやろなー❓ブツブツ」

d0362666_18045689.jpg

「いってらっさい!」






ミィちゃんあのな。


生きとる間は

毎日毎日同じ事の繰り返しなんよ。







*


*


*







昔々、子供の頃。


母のお手伝いで、

台所の食器洗いをしていた私。




傍らにいた母に...


「どうせまた使ってよごれるのに、

なんで洗わんといかんの❓」


等と、


今思えばおバカな事を、

本気で言っていたのが今でも印象的。





「やっぱりおバカな子供だったなぁ」


と、

呆れるのと同時に、


「大人になったら絶対湧かへん

純粋な発想やなぁ」


と、

愉快でもある。






大人の私から子供の私へ。


「今のあんたには面倒くさい事やろな。


そやけど、

そういう同じ事の繰り返しと、


そんなおバカな事を

聞いてくれる人が傍らにいる事が、

幸せに生きとるという事なんよ。


それにそれは、

とっても恵まれとる事なんよ。


今後そうでない状況になって

初めて気づく事なんよー。


まあ大人になった今も、

充分幸せやけどなぁ...」



と、

言ってやりたい。



...かな❓💧








長い昔話は置いといて💧



突発的な事や災害などあれば、

それが叶わない事があるものね。



こんななんでもない、

みかんのつぶやきの様な出来事が、

なんとも尊く感じる日も

いつ来るかも知れないものね。



なのに、

そういう事をすぐに忘れてしまって、


いつの間にか

ぶーぶー💨言ってる自分もいる。






当たり前の事が、

当たり前じゃないという事を、


忘れない様にしたいなあ。








「なんでもええで」

d0362666_18484988.jpg

「はよごはんちょーだい」



はいはい。





食べる事も、


繰り返し🌀🌀🌀




***
























ご覧くださいまして、

まことにありがとうございました。


_(*- ᎑ -*)_











∞ つづく ∞

















にほんブログ村


にほんブログ村



by mimanon | 2018-09-12 19:23 | わんこと大切な人と心のはなし。








*** きのうのできごと ***


















午前中。




実家で、

父の介護保険関係の打ち合わせ。







担当のケアマネージャーさんと、

包括センターの担当者さんと、

訪問介護事業所の担当者さんと、

父とキーパーソンの私とで、

打ち合わせです。










(皆さんが帰られて、

Zさんの迎えを待つ)

d0362666_12525597.jpg

(どんどん明るみになってくる

北海道の厳しい状況。

テレビの画面を通して、

父と無言で食い入る様に観る様子)










まず、

先日の市の生活支援会議で、


父の介護保険サービス利用の

最終的な認定がおり、


ケアプランも通り、


そのケアプランの確認と

それに伴う書類の作成。






そして、

明日から早速

買い物支援に来てくださる、

ヘルパーさんへの依頼の

具体的な内容の打ち合わせ等々...。








皆さんと、

世間話等をはさみながら、

和気あいあいと約一時間程で解散。









そして

Zさんの車で実家を後にして、


午後からは、

母が最期まで入院していた病院へ出発。








今日は『平成三十年解剖慰霊祭』。



d0362666_17580228.jpg




一昨年度の間に、

病院でお亡くなりになられた、

母を含めた12名の方々の慰霊祭です。









当時、

母が亡くなってすぐ、

病院の一室をお借りして、


父姉弟私で、


今後の医療技術の

向上発展の為の母の解剖について、


“母だったらどうしたいと思っただろう”


等々、


様々な観点から皆で真剣に考え、


最後は全員一致で

母の解剖に同意しました。










慰霊祭は、


母を含めた

12名のご遺族の方々と、


病院の医療従事者の方々で

執り行われました。





父が出席不可能なので

私が代理に参列しました。




d0362666_18560447.jpg







慰霊祭が終了したので、

母の主治医だったの先生に

挨拶に行こうとしていましたら、

逆にすぐに先生に呼び止められました。


恐縮しつつ色々と立ち話。




まず、

感謝の気持ちをお伝えしました。






そして、


お骨になった母を、

故郷の山へ

連れていった話もしましたら、


「ああ。そんな事も言うてみえたなぁ」


と、

懐かしむ様に

遠くを見る目をされました。




日々

沢山の患者さんを診る先生であって、

母の話す細やかな事柄を

覚えていてくださった。



決して社交辞令ではなく、

そういう目に私には見えました。



有難い...








それと、


主治医の先生は異なりますが、


今こちらの病院で

お世話になっている父について、


「今後とも宜しくお願いいたします」


と、伝えました。

(病院の副院長でもいらっしゃるので)







最後に先生。


「お父さんがみえとるんやったら、

また何処かで会うかもしれんなあ


「でもな。。。。

病気で会うのだけはやめとこな」










私はつくづく、



母の時も、

今の父の介護保険関係でも、



また、

人によってかなり意識が違うかも💧

...ではありますが💧

“はる”や“のん”の時も、、、


他、




「関わる人々に恵まれているなぁ」


と、

思っています。





感謝です。











さて。




Zさんに迎えの依頼をし、

d0362666_17593177.jpg

祭壇にお供えしてあった、

沢山のお花を抱えて病院を後にしました。






さあ。


来月の義父の命日まで、

暫くは一段落といたしましょう。



***






















ここまで、


しんみりとした話に

お付き合いくださいました皆様。



まことにありがとうございました。


_(*- ᎑ -*)_












∞ つづく ∞

















にほんブログ村


にほんブログ村



by mimanon | 2018-09-07 19:49 | 大切な人たち。








*** 夏やすみ日記 ***









ミィちゃん。

d0362666_15200229.jpg

「なにぃ?」






今日はな。

d0362666_15202790.jpg

「なんなん?」






あのな。

d0362666_15204023.jpg

「じ〰️っ(疑心暗鬼な目👽)」






今日は父ちゃんもおらへんけどな。

d0362666_15205297.jpg

「❓」






ごめんやけど。

d0362666_15210668.jpg

「ん"〰️❓」






これからいちんちな。

d0362666_15211810.jpg

怒る💢構え...?







お留守番頼むわ。

d0362666_15214671.jpg

「❕」







ごめんなー。


じいちゃん家の大事な用事なんさ。

d0362666_15215946.jpg

「(それやったら)ええよー」










***








今日は実家で、

お盆のおっさんの棚経の日。




父と二人。

d0362666_15221609.jpg

私は母の形見の数珠を。







父の背中。

d0362666_15224083.jpg

とても小さくなりました。




おっさんが大柄なので、

余計に小さく見えます...ね💧





*

*

*





おっさんをお見送りしたあと。





仏間の北のはき出し窓を開けて、

いつもの様に、


すぐ裏手のJR参宮線の堤防を

ボ~~~ッと眺めます。






昔となんら変わらない景色。




小さな川が、

コンクリートで固められただけ。

d0362666_15225237.jpg

東の方向には五十鈴ケ丘駅。






西の方向には伊勢市駅。

d0362666_15230487.jpg

途中堤防は、

近鉄宇治山田駅と交差しています。








幼い子供の頃からこんな風に、


広がり続く緑を

日々眺めて過ごしました。

d0362666_15231664.jpg

幼い私はきっと、

どこまでもどこまでも続く緑だと

思っていただろうな。



もう見える景色だけで、

その頃の

気持ちまでは覚えていないけれど。





母はいつもここで、

この緑の前で、


洗濯物を畳んでいたなぁ。







全てが遠く懐かしい想い出です。



**




















ご覧くださいまして、

まことにありがとうございました。


_(*- ᎑ -*)_











∞ つづく ∞

















にほんブログ村


にほんブログ村




by mimanon | 2018-08-31 21:27 | わんことつぶやき大切な人。

長い夏やすみ。








こんばんは(' ∨ ' *)








今日で8月が終わりますね。


皆さんいかがお過ごしですか?






まだまだ残暑が厳しいですね💦


d0362666_20065952.jpg


台風21号も近づいています。



みなさん、

どうかお気をつけくださいませね。


どちらにも被害が起きません様に。







しかし本当に、

すっかりご無沙汰しちゃって💧









ブログをおやすみしている間も、


更新していないブログなのに

覗きに来てくださったり、


過去のブログを見てくださったり、


コメント欄に

温かいお言葉を綴ってくださったり、


メールで

温かいやりとりをしてくださったNさん、




ポチポチあげたInstagramを

見てくださったり

メッセージをくださったり、、、。





みなさん本当に

ありがとうございました <(_ _*)>


感謝の気持ちでいっぱいです。








ブログが綴れなくなって

今日で25日目。





8月の最後の日迄には、

たとえ一つであっても綴りたかったので

数日前から体調を整えてました。




しかし、

まだまだ私の中では

“リハビリ中”と言う感じです。




よく休んでも具合が悪かったり、

日々カラダ(体と脳)が

ユラユラしています。




毎日頭と体が鈍く重く、

眠っても眠っても眠気が取れず、


思う様に

カラダが使えないのが現状です。







ブログを綴れなかった間、

ユラユラなカラダでもできる事を

ボソボソとやっていました。



ほとんどが能動的な事でなく、

受動的な事が多かったです。






能動的なこととしては、

市の展覧会に出品したい絵が、

おおまかですが下地の次の段階を

少し描く事ができました。





それと、


カラダが思う様に動かないし、

文字を読んだり綴ったりも

満足にできなかったので、


なんとなくいつの間にか、


毎日いっぱいYouTubeやTwitter...

ホントに時々Instagram...


などを利用していました。




YouTubeやTwitterは、

コメント欄を通しての

軽ーいお友だちもできました'▽'💧




Instagramでの

簡易なメッセージのやりとりは

とても有意義でした。



お付きあいくださった方々に感謝です。


ありがとうございます。


これからも

よろしくお願い申し上げます(。-人-。)





あ。


LINEもわりと利用していました。


身近な友人や身内と...ですが。


(お気に入りのスタンプ

さらにいっぱいに^^)






おかげさまで

今まで知る事見る事のなかった、

ある意味興味深い世界を

垣間見る事ができました。



“こんな面白い世界があったのか?!”

とも...。



たぶんみなさんに

笑われるくらい今頃です💧






私の様にカラダが

思う様に動かなくなる人にとっては、

SNSは便利だと実感しました。



ただし、

まだ良い面しか経験していませんが...






とにもかくにも、

みなさんありがとうございました。


*_ _)







“これからは

ボチボチ綴っていこうか...”


また、


“そもそもどうしていこうか...”


この今、今、未定です。





しかし、


貯まった夏の間の写真たちを、

今まで通り

ブログに残してあげたい気持ちも

いっぱいあります。





それらを『夏やすみ日記』として

残したいと画策しております。


まあ基本、

自己満足です💧







その際には、


もしももしも少しでも

お付きあいくださいましたらば、


幸いです。












∞ つづく ∞


(๑´ㅂ`๑)













******









さて...。




ここから先は

私自身の心を整える為のつぶやきです。




とても個人的な事であり

個人的な気持ちなので、


この場をお借りしておいて

大変おかしなことですが、


どうぞご遠慮なく

スルーしてくださいませ。


m(*_ _)m









******








おやすみしている間に、

父の介護保険関係はさらに前進し、

さらに私の役割が増大しました。



今回も私がケアマネージャーさんから、

『キーパーソン』という役割を

おおせつかいました。




母の時は、

医療従事者やケアマネさんとの間の

『キーパーソン』でした。





姉がフルタイムで働いているし、

もちろん姉の家族が第一優先だし、


しかし私は子供がいないし、

病気で働けないし、、、。



なので仕方がないですね。





うん...そう。


病気...。



病気で自分の家族の事も

思うようにできずにいるので、

かなり厳しい時もあります。




でも、

Zさんの協力で、


なんとかかんとか💨やっとこさ💨

...で踏ん張ってε٩(๑><)۶з

乗り越えています。。。


乗り越えていると思います💧








実は弟が、

実家で父と一緒に暮らしています。





12年ほど前に身体を壊し、

仕事を辞めて実家に帰って来ました。



それから何度か地元で仕事を転々とし、

今はほぼ、

実家の一室で引きこもり状態です。





しかし、

元々病気がちである上に、


本人に自覚があるかどうかの

確認は取れていませんが、


“おそらく”

アスペルガー症候群だと思えます。



医師の確定診断を

受けている訳ではないので、

あくまで“おそらく”です💧


でもかなり...💧





一度さりげなく示しましたが

スルーされました。


もしかしたら

認めたくないのかも知れません。





仕事は何年もしていません。


できない...と言った方が

彼には当てはまります。





身内も含め、

他人とコミュニケーションが

上手く取れない様です。




なので父の年金が頼りです。






今までや現状の行動言動傾向が、

アスペルガー症候群に

驚くほど全て当てはまるので、


母が亡くなる一年ほど前に、

心配していた母と一緒に

専門の方々に相談に行きました。





しかし結局彼らにとっては

他人事でした(ま、他人ですが💧)。




こちらは真剣で深刻な状況なのに、

その気持ちを

全く受け止めてくださっていないことに

とても驚き落胆しました。





“専門家?”


“日々そういう方達と

どうやって接しているのだろう”



...と疑うほど、


私達の方が

知識と経験があるくらいでした。





ありきたりで、

ちょっと困った健常者に対する

アドバイスで終わってしまいました。




最後は、

「大丈夫ですよー^^♪」と

笑って済まされ、


母とトボトボ

下を向いて帰って来ました。






その弟が先日、

『肺高血圧症』と診断を受けました。


来週初めに入院です。




私自身もまだ聞いて間もないし、

国の難病指定を受けている病気の為、

まだまだ知らないことが多い病気です。




ただ一つはっきりしているのは、

『命に関わるとても深刻な病気』

...だと言うことです。





アスペルガー症候群であろう弟とは、

姉私...父までも、

ほとんど

コミュニケーションが取れません。





でも大切な弟です。


できうる限り

支援していきたいです。





幾つもの困難を抱えて生きている弟。


母が、

自分亡き後を最も心配した弟。



結局最後まで、

たくさん心残りを抱えたまま

逝ってしまわざるを得なかった母。





私は最近、


“自分は『みおくりびと』なんだ”


...と言う言葉が、

みかんのごはんを作っている時、

不意に脳裏に降ってきて驚きました。





あと

ほぼ同じ時期に、

自分でも不思議なんですが、


台所仕事をしている時、


不意に母の存在を感じたのか

その場で突然振り返って、


「おるんやろ」


と、

静かに言っている自分がいて、

言葉が出たあと驚きました。





※※※


以前にも綴りましたが、

私自身スピリチュアルな事や

霊的な存在などについては、

殆ど興味がありませんし

信じてもいません。


でも実際は、

不思議な事を経験する事が

よくあります。


「不思議やなぁ。なんでかなぁ。

でも対処しやなー」


って感じでいつも実際対処します。


※※※





「おるんやな。お母ちゃん」


すぐわが家にある簡易な仏壇へ行って、

しばらく母と話しました。





「○○(弟)が心配で...

(いっそ連れて行こうと)なんやな」


「分かった。分かったよ。

私は今もお母ちゃんの味方やで、

お母ちゃんの思いは全て否定せえへんよ」


「分かった。引き受けるわ」




声に出して言葉にはしなかったのですが、

決して“連れて行っていいよ...”

という意味でなく、


“弟を支援するよ。看るよ”


という意味で答えました。










長くなりました。


これは私自身の心を整えるつぶやきです。

















ここまでご覧くださいました方。


まことにありがとうございました。


_(*- ᎑ -*)_














∞ つづく ∞



















にほんブログ村


にほんブログ



by mimanon | 2018-08-31 20:33 | 感謝*つぶやき*大切な人達*私のカラダ。

想い出の夏【母の花】。







こんばんは^^*







今日も暑いいちんちでしたね。

d0362666_16443641.jpg

みかんは元気です*✲゚*。 ♪









先日。



紫陽花『アナベル』を求めて、


久しぶりに

庭の奥へ分け入った時に、


母の想い出の花が、

跡形もなく消えている事に気づき

大変ショックでした。







しかし、

その大株があった隣に

小さな幼株が育っていてビックリ。



この事は最近の記事に書きました。








ところが、、、





数日前に、

リビングの真ん前を見てビックリ!





バラが枯れて

古土が入っているだけだった

ロゼアポット。




その中で、

d0362666_17303918.jpg

この花が、

蕾をつける程に育っている事に

気づきました。



種が風で飛んで来たのかな?




この花は、

いつも私をビックリさせます。









それ以来、


毎日リビングの窓から、

d0362666_17311337.jpg

ジョロで水やりをしています。






株元にたっぷり与えます。

d0362666_17321771.jpg

枯れた大株から遠く離れた

ロゼアポットの中でいつの間にか育ち、


リビングのはき出し窓まで、

首を伸ばして咲いています。






まるで私に、

d0362666_17323404.jpg

「見て」


...と言わんばかりです。






やっぱり、

また、


母の仕業かな^^*









この花がわが庭にある理由。



一昨年亡くなった母が、

数年前の今くらいの夏の日に、


姉の車で、

故郷の南信州の山奥に

日帰りで連れて行って貰って、

(かなり強行💨)


かろうじて残る、

母の生家の近くに咲いていた

懐かしいこの花を一株、


根ごとビニール袋に入れて、


「Mちゃんやったら

育ててくれると思って持って来たんよ。

庭で育てて毎年見せてくれる?」


と、

実家への帰り道にうちに寄って

渡してくれました。





それ以来大事に育て、

毎年母に花束にして渡してきました。






しかし、


母は晩年、

急性白血病だった為、


病室は準無菌室で、

生花などの持ち込みは厳禁でした。




植物、、、特に、

野に咲く草花が大好きだった母には、

なんとも可哀想な環境でした。




なので

よく病室にPCを持ち込み、

撮ってきた花の動画を見せたりと

工夫していました。




それでもやっぱり、

見ていて胸が痛みました。








しかしいよいよ

命が残り僅かとなった頃。





この花の事情を

主治医の先生に説明し、


「よく洗ってから母に見せたいのですが。

宜しいでしょうか?」


と、

お話しましたら、


主治医の先生が

とても悲しいお顔をされて、


「いいよ」


と、

仰って下さいました。






それから

日に日に弱っていく母の枕元に

小さなトレーを置き、

いつでも花が見える様にしました。






病室へ行くたびに、

念の為花を流水で洗いました。








そして最後の時間。



目は開けてはいるものの、

意識の無くなったであろう母の傍らで、


見えてはいないだろうと思いつつも

花を見せ続けました。






この時、


病室には、


母と私しか居ませんでした。







この時点でまだ、

看護師さんや主治医の先生の指示は

ありませんでしたが、


ほぼ無意識の域で、

たぶんなにかを感じた私は、

父や姉弟やZさんに連絡を入れました。







そして、

花を見せながら、


「お母ちゃん。

また一緒に○○に

(母の生家のある廃村の地名)

行こうな。

今○○では

この花がいっぱい咲いとるな。

今度は秋の紅葉の頃がいいかな?」


「お母ちゃん。

最後まで看させてくれてありがとう。

あとはお父ちゃんと姉弟と

仲良くやっていくでな。

今お母ちゃんのおかげで

皆仲良くやっとるでな。

お母ちゃんに言われた通りに(遺言)、

お母ちゃんの大事な人達の事や

いろいろな事をやっていくでな。

安心してえな。」


...などと、

沢山沢山止めどなく

傍らで話続けました。






ふと、


息の仕方が変わりましたので、

ナースコールを押しました。




担当の看護師さんたちが

数名飛んで来ました。


心電図の波形が変わったので、

看護師さんたちも気づかれた様でした。




父姉弟を、

電話で催促して呼びましたが、


父がかろうじてZさんの車で

心電図の波形が止まる直前に間に合い、


悲しい事に

姉弟は間に合いませんでした。








実は、


ナースコールを押して看護師さんたちが

病室に入ってくる寸前。


丁度○○の事を、

懸命に話していた時の事です。







私は変わらず、

母の顔が向けられている

ベッドの左手で話かけ続けていました。






その時です。




両眼が左右に振れ、

素人の私が見ても明らかに

意識が無いであろう母の右目から、


一粒の大きな大きな涙が頬をつたって、

左目の方に流れ落ちました。





「お母ちゃん!

私の話聞いてくれとったん?!

ありがとう。本当にありがとう。

一緒に○○へ行こうな!」








これは母が最後に起こした奇跡だと

今も思っています。






亡くなっていく人は、


最後に不思議な事を起こす、

起こせる、

...と言うことを知りました。





そして母は、

亡くなってお骨になってからも、

私に奇跡を見せてくれました。



Zさんにしか話していないその話は、


またいつかどこかで...。








ちなみに、

母が亡くなって約4ヶ月後。




母のお骨の一部を持って、


Zさんの車で、


母の生家と廃村になった地へ

行って来ました。










私自身は、


神様や仏様の存在を信じたり、

特定の宗教などにも

特別な感心はありません。




ましてやスピリチュアルな事にも

まったく感心がありません。






しかし、


そんな私にまで、



人の死とは、

体と魂が別々になる事だけ

なのかな...、


などと思わせられる、

母の起こした

幾つかの不思議な出来事でした。











私には、


母の姿も、

“はる”の姿も、

“のん”も姿も、


もちろん見えないけれど、、、





もしかしたら......

d0362666_17341342.jpg

「むふふ♡*゜」


**





























今日も一日


ありがとうございました。



(*˘︶˘人)✲゚*♡ 











どうか明日も


皆さまにとりまして





幸福な


一日でありますように...



(๑´∀`๑)










おやすみなさい。


またあした。













∞ つづく ∞

















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-07-21 19:00 | わんこと大切な人と心のはなし。







こんにちは(๑^ ^๑)




今日の出来事です。
















今日から

世の中は連休なんですね☆


いいなー^^







わが家はZさんの仕事柄、


土日はもちろん、

祝日のお休みも

まったくご縁がありませぬ。





その代わりと言ってはなんですが💦


平日連休などがたまに偶然あって、

わりと便利な事があります。




人も少ないですしね。

寂しいけど...(´∀`;)






それにしても...


今日もますます

暑い一日になりそうです。






こんな日の

被災地や避難所の方々の事を思うと、


「暑い暑い💦」

なんて言ってちゃいかん!


と、

自分に言い聞かしてます。

















今日は朝から実家の母の三回忌で、

Zさんとおでかけ。





みかんお留守番。

d0362666_17432707.jpg

お願いね。







その前に、

d0362666_17434503.jpg

ちょっと遊んどこかー^^*







これなーんだ?

d0362666_17440390.jpg

『ミィチャンアソボ』





「...」

d0362666_17442036.jpg

「💡」






「がーこー!」

d0362666_17444195.jpg

ビョン





タシッ

d0362666_17445830.jpg

『ミィチャンイタイヨー』






おすわりしたってな。

d0362666_17451459.jpg

『アリガトウ』






はい、

d0362666_17453034.jpg

どうぞ。





「♪」

d0362666_17454780.jpg

チョイッ





「がーこぉー」

d0362666_17460476.jpg

「えーい」





ガブッ

d0362666_17461949.jpg

ガブガブ





「がーこめー」

d0362666_17463901.jpg

ガブガブ






「...」

d0362666_17465731.jpg

もうあきた?







ああっ。

d0362666_17475143.jpg

なにかを察したな。





お出かけする事わかったな。

d0362666_17482068.jpg

相変わらずするどいな。








ミィちゃんごめんな。



今からお留守番お願い。

d0362666_17484774.jpg

よろしく〜 (´ω`)ノ


















さて実家。





滞りなく

母の三回忌の法要が終わり、


父が精進落としにと、

d0362666_17492375.jpg

とーっても美味しいお店の

うな重を頼んでくれました。


ご飯の中にも、

うなぎが入っています♪







になみに、

『精進落とし』は本来、

四十九日の己明けを待って行う

最初の食事の事らしいですね。

父が言ったので、

よく分かりませんが、

父の在所言葉なのかもしれません。








父と姉とZさんと、

4人でお食事会です。

d0362666_17493901.jpg

なんだかごちゃごちゃお見苦しくて、

すみません(¯∇¯٥)





ううう...

本当に美味しかったー。





しばらく皆でお話して、


解散〜。





今度はお盆。


母とお義父さんと。





秋には、

お義父さんの三回忌も

控えています。






そういう歳だなぁ、、

と、思う。


寂しいけど。










さて。



Zさんと買い物をして帰宅。


















ミィちゃん。

d0362666_17501691.jpg

お留守番ありがとう。






よしよし。

d0362666_17504797.jpg

いい子いい子。





クネクネ

d0362666_17511629.jpg

ゴロゴロ



可愛いなぁ(親バカ)。







「あへー」

d0362666_17513806.jpg

なんか可愛くなーい💧










しばらくして、



疲れて寝ている父ちゃんに、

d0362666_17515586.jpg

ベッタリ







おつかれ私たち。

d0362666_17521052.jpg

おやすみ。


**






















今日も一日


ありがとうございました。



(*˘︶˘人)✲゚*♡ 











どうか明日も


皆さまにとりまして





幸福な


一日でありますように...



(๑´∀`๑)









おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-07-14 19:08 | わんこと大切な人たち | Comments(2)








こんにちは(*´﹀`*)






午後からまとまった雨☂


💧〣ザーザー〣💧















早朝は曇り空で、


みかん、

父ちゃん窓からお見送り。

d0362666_18042378.jpg

「いってらっさい」






車でぶぅ〜〜〜ん🚗💨

d0362666_18052942.jpg

「きおつけてー!」















午後。




みかんおやつ。

d0362666_18063501.jpg

いつものお豆腐。






「♪」

d0362666_18074095.jpg

昨日はなんと!


まるまる一日、

なんにも食べようとしなかった

みかんさん。



今朝のごはんはペロリ。


なんで...?




やっぱり『❓』です。


いつも食べ方がムラムラ〜。







そんな中であっても、


お裾分けの、

d0362666_18131768.jpg

お豆腐やナッツや納豆は

喜んでパクパク。






なんでかなぁ?

d0362666_18145475.jpg

教えてみかんさん。








まてー。

d0362666_18151178.jpg

見ないふり。





がまんがまん。

d0362666_18152536.jpg

見ないふり。





チラッ

d0362666_18153929.jpg

ホントは待ちきれない。




たかがお豆腐。


されどお豆腐。







どうぞ。

d0362666_18160227.jpg

「♪♪♪」





パクッ

d0362666_18161755.jpg

ペロリ







「うまうまー♡」

d0362666_18163256.jpg

よかったね(*˙˘˙)♡










すでに外は大雨☂




こんな日は、

d0362666_18164653.jpg

ひたすらソファーでこんな風に、



のんびり過ごすみかん。

d0362666_18170149.jpg

ネムネム(๑- -๑) . z Z


















わが家の

リビングの真ん中。





想い出コーナーがあります。

d0362666_18171646.jpg

小林研三先生の絵の元、




4年前と4ヶ月前に、

それぞれお空に旅立った

“はる”と“のん”の写真。




北海道のイラストレーター、

藤川志朗さんの薔薇の絵。

(ご健在でいらっしゃいます)


薔薇の育て方講習会で、

「友人なんだ」

...と仰る講師の先生を通して

出会いました。




“はる”が幼い頃に描いた、

ゴールデンの仔犬の色鉛筆画。




フェリー乗り場の売店で出会った、

のんちゃんに似た

トイプードル(!)のぬいぐるみ。




はるちゃんのお墓近くの

産直市場で出会った

レトリーバーのぬいぐるみ。






手前の

黒ずんだ楕円形の物体は、


「国産は珍しいから」


と、

母がわざわさ歩いて、

決して近くはない

小さな八百屋さんで買ってきてくれた


レモン。








そして...




昨日仲間入りしてくれた、

d0362666_18173202.jpg

ロン部長の絵☆.。.*






よろしくね(*´∀`*)


**



















ご覧くださいまして、

まことにありがとうございました。


(。-人-。)












明日も皆さまにとりまして、

穏やかな一日でありますように


(๑´∀`๑)









おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-07-04 19:08 | わんこと大切なひとたち | Comments(4)

夏の匂いと想い出の花。







こんばんは( ・∇・)




今日の出来事です。
















今日は、

久しぶりに南の庭へ...。



紫陽花アナベルの花を求めて❀









わが家は、


三方ぐるりと

側溝で囲まれているせいか、

とにかく蚊が多い。




この時期は

蚊取り線香が必需品。







先日ドラッグストアーで、

可愛い蚊取り線香を見つけました。



普通のサイズの

半分くらいでしょうか。






右が普通サイズで

左がコンパクトサイズ。

d0362666_20515000.jpg

小さな携帯蚊取り入れもあり

一緒に買いました。








短時間の庭仕事の場合は、


いつも折って

小さくして使ってきましたが、


これなら

このまま使えて便利です。

d0362666_20520496.jpg

🌀が小さくて可愛い♡








わが庭では、


一ヶ所だけでは

蚊の襲撃にあいますので、

d0362666_20521919.jpg

両端とも火をつけます。






さあ。



こんな風に腰にぶら下げて、

d0362666_20523545.jpg

いざ庭へ。









ずいぶんと

長い間放置してきたので、

アナベルまでの小路が見えません。





沢山のドクダミや

つるばらの枯れ枝などにはざまれ、


抜いたり剪定したりしながら

ジリジリと進みます。








今年も西洋ニンジンボクが

沢山の花をつけ、


ハナアブの羽音が

ブンブン🐝ブンブン🐝。







爽やかな

ライラックブルーの花。




花だけでなく、

どこを触れても

スパイシーな香りがして、


なんとも清々しい。

d0362666_20525029.jpg

夏にうってつけの花木です。




わが庭では高さが5m近く、

幅が3m以上あるのではないかな?



その大きさで全体に、

丸く覆う様に花穂をつけるので

とっても見事です。



このまま

秋口まで咲き続けます。







その下から仰ぎ見ると、


木々の緑ですっぽり覆われ、

d0362666_20530760.jpg

まるで森林の中にいる様です。



まさにバーネットの

『秘密の花園』状態です。



メアリーやディコンが

出てきそうです(¯∇¯٥)




物語の中の彼らの様に、

わが庭もこれから再生する事と

いたしましょう。







アナベルが見えてきました。

d0362666_20532410.jpg

距離的にはすぐ側なのですが、


様々な植物にはざまれて、

なかなかたどり着けない(´ㅂ`;)








おっと...。





足元に小さな苗。




これは数年前に、

d0362666_20533844.jpg

一昨年亡くなった母から貰った

オオハンゴンソウの幼苗です。




元株は、

母の実家のあった信州の

1000m級の山奥からやって来ました。




母の実家のあった村は

私が幼い頃には廃村になり、


今は保存会の方々によって、

かろうじて守られています。





母が余命宣告されてすぐに、

Zさんの車でみかんも連れて

3人と1匹で訪れました。






う〜ん、

話が脱線しました💧






オオハンゴンソウは、


『特定外来生物(植物)』で

駆除対象らしいのですか、


母の形見の様なものなので

どうしても駆除する事ができません。




なので、

この庭から絶対出さない様に、

庭の最も奥に植えました。





しかし先日見たら、

昨年まで大株だったのに、

跡形もなく無くなっていました。





放置していたつるばらの枯れ枝が

大きく被さっていて日陰となり、

絶えた様です。




母が亡くなる寸前まで、

傍らで見せ続けた大切な花です。




悲しい思いをしていましたら、

大株のあったすぐ隣に

小さな苗が育っていた訳です。





覆い被さっている植物を

できる限り剪定し、

少しでも光が入る様にしました。



どうか、

大きく育ってくださいね。








再び前進。




やっと

アナベルにたどり着きました。





しかし、

もう花期が過ぎており、


たった一房のみを残して、

あとは緑色に退色していました。




退色した花の状態の良いものと、

白い一房を切り取りました。





残りはこれだけ。

d0362666_20535429.jpg

タイミングが遅過ぎました。







収穫は以下のとおり。

d0362666_20540975.jpg

このあとドライにしようと思います。









さて。



リビングに戻って来て、

みかんさん。






一日退屈やったねぇ。



お天気が良かったら

明日はさんぽに行こうね。

d0362666_20542523.jpg

ごめんね。






「ええよー」

d0362666_20543941.jpg

「またあしたあそんでな」


**

















ご覧くださいまして、

まことにありがとうございました。


(*˘︶˘人)✲











明日も皆さまにとりまして、

穏やかな一日でありますように


(๑´∀`๑)










おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-07-01 22:51 | わんこと庭とつぶやき。 | Comments(0)

前進あるのみ(*'∀')/







こんにちはー(o'∀')ノ







またもや病院です。



診察終わりました。





さっそく、

今週に手術の予約入りました。




d0362666_12390018.jpg




両親指はやはり『ばね指』。


『ばね指』は腱鞘炎の重い状態との事。


左親指は重症との事。




左腕はやはり『ドケルバン病』で、

重い腱鞘炎の『ばね指』よりは、

普通の腱鞘炎との事。



ちなみに『ドケルバン』とは、

人の名前との事。





「注射して2日で効果切れでした。」

と、お話したら、


「3ヶ所とも手術を薦めます。」


との事。





「でわ!その方向でー。」


と、

ほぼ即決した私でした。



だって痛いのよ( ;∀;)







しかしですね。


こうなってみて、

当たり前の事が「ありがたい」と、

つくづく思います。







世の中には、

私などの想像を絶する

大変な思いをされている方々が、

沢山いらっしゃる。




そう言う方々に思いを馳せると、


「こんなちっぽけな事。」

「いい経験をさせて頂いているな。」


と、思えます。










話が前後致しますが。



前病院で紹介状をお願いした

整形外科の担当の先生は、


手の外科専門医でいらっしゃって、

尚且つ、

こちらの病院の副院長先生。





なので、


外来診察や手術や

入院患者さんの事だけでなく、


会議や出張や他様々なお仕事も

同時にされているらしく、


お忙し過ぎで、

気持ちがムキムキ💢(イライラ?)

していらっしゃるのがわかります。




なので、

お話していてとても緊張します。






でも、

こちらからペースを合わせれば、


丁寧に説明してくださっているし、

質問にはなんでもすぐに答えてくださるし、

要所要所で

優しくホローしてくださっているのが

とても分かります。




「うん!お任せして安心!」


と思いました。







お医者さんって色んな方がみえますね。



時には、

傷つく事やキツい事言われたり、

こちらの話に

耳を全く傾けてくださらなかったり...。





私なども今迄

様々な経験をさせて頂いてきました。





普通に症状をお話しただけで、


「で?何しにこられたの?!」

「私、あなたを診たくありません!」


なんて言われた事も。


(私がいけなかったのか?)





今となってはいい経験話です。


生きる肥やしであります。





「アッハハー(๑>∀<๑)

色んな人がいるのねー!

面白い~~~💨」


なんて思っています。









当然同じ人間なので

色んな感情を持ってみえます。





今は『ドクハラ』って言うのかな?




誰が接しても、


「それはないやろーっ!」


と、

思わせる方がみえるのも確かな様です。






相性の問題もありますしね。





全く相性が合わなければ、

また、

尋常でなく酷い扱いを受けたなら、

こちらから状況を変えればいい訳です。





しかし、

それが非常に難しい、

又は、出来ない事もあります。



特に癌になった時など...。






実母は白血病だったので、

病気の治療の事でも大変だったのに、


診ていただく

主治医の先生との関わりに於いて、


時に治療以上に大変な思いもしました。



本末転倒ですね。






でもやはり当たり前ですが

医師も人間です。






時にこちらから

積極的に関わっていって初めて、

(ご自身が病気で弱っていたら、

家族等と良く話し合って)


「ああ、この先生で良かった。」


と、

思う場合もありそうです。






母の時もこちらの病院の

とっても気難しい副院長先生だったので、

(副院長はお二人みえます)


よく分かります。





副院長先生のお立場は、


「とってもお忙しいのだ。」


と言う事もこの時知りました。




少なくともこちらの病院では。







初めの頃はコミュニケーションが、

どうにもこうにも難しく、

めちゃくちゃ気苦労しました。




「この先生じゃだめだ!」


と、

思っているうちは特に大変でした。






しかし次第に、

少しずつ信頼関係ができてくると、


「気難しい所がおありだけれど、

なんて情の深い先生なんだ。」


と思う様になりました。





結果として、

トータルで考えて、


素晴らしい主治医の先生でした。



母が亡くなった今も、

感謝の気持ちでいっぱいです。











あああ(¯∇¯٥)

また長くなった...💧











と言う事で〰️💦





まずは左手『ばね指』と

左腕『ドケルバン病』を手術。


手術は日帰り。




しばらく包帯ぐるぐるで、

ゴム手袋もはめられず色々制限あり。



(×∀×๑ )🌀



1週間弱でぐるぐるからテープになり、

ゴム手袋はめて水仕事OK。





ともあれ、

手術後しばらく不便にになります。


(ミモザの剪定できるか?)






左手が落ち着いたらば、

右手にも着手する方向でおりますので、


さらに不便は継続して行きます。






でもこのままでは、

なんにも思う様にできない。





できれば夏の暑さが来る前に、

オールクリアと致したいものです。






皆さんも、

ぜひぜひ私の様になる前に、


ご自身の働き者の手を、

労りつつ大切にしてあげてくださいませ。


┏○))ペコ













+++










ひじょうに、

個人的な話をダラダラと綴りました💦






ここまでご覧頂いた方。


おつきあいくださいまして、

まことにありがとうございました。


<(_ _*)>








どなたかに、


少ーしでも

参考になるところがありましたら

幸いです。











さて、

今日はもう一つ記事あります。





ではまたのちほど(๑´∀`๑)












∞ つづく ∞

















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-05-14 12:37 | わんことつぶやき私のカラダ。 | Comments(0)









おはようございます。









Zさん。


早朝から出勤。







みかんお見送り。

d0362666_21034320.jpg

もうすぐ出てくるよ。





来た来た!








「とうちゃん!」

d0362666_21040005.jpg

「いってらっさい!」








「またいなくなるの?」

d0362666_21041593.jpg

「つまんないな」







「➰〰️🗿💧」

d0362666_21045232.jpg

ミィちゃん来たよ。






「!」

d0362666_21043782.jpg

「🚗💨」









「きよつけてー!」

d0362666_21050789.jpg

う~ん( ー̀ωー́ )



今夜帰って来るんだけどね💦















+++












ミィちゃん。




母ちゃんも、

これからおでかけなんよ。

d0362666_21052447.jpg

帰りおそくなるんよ。





ごめんな。

おやつは明日な。






お留守番よろしく~。















+++













自転車コギコギ。







来ちゃった整形外科。

d0362666_15041541.jpg

とっても痛い両手。



ちょっとでも、

楽になるといいなぁ。











患者さんいっぱい。

d0362666_21071515.jpg

ボャ~ッと待ちます。













診察。




先生「ああ。Mさん!

久しぶりやなぁ!

前は足やったなぁ。」



私「?」



先生「ワンちゃんの名前は

カールちゃんやったなぁ。」



私「!?」







...


先生「あああ!ごめんごめん!

カルテ間違えたわ💨」





私「え。(大丈夫か?)」












しかし。



カルテ間違えられた事は置いといて。

(いかんだろ)



飼い犬の名前まで

カルテに書いているとは...。







こちらの先生はいつも、

とってもフレンドリーでおおらか。



患者さんとのコミュニケーションを、

大事にしているのだろう。





それに気持ちがオープンと言うか、

心がいつも開いてるというか。



とにかく明るい。







お会いすれば、

「あれ?何しにきたんやったっけ?」

って、

一瞬目的を忘れそうになります。










でもやっぱり...

カ、カルテ...…(¯―¯٥)






私たまに来るし、

(ギックリ腰とか)


先生忘れんとって...。













前置き長...💧






結果。




左親指付け根と右親指付け根は、

『ばね指』。


(原因ははっきりしないが、

『腱鞘炎』が引き金になるらしい)




左手首は『腱鞘炎』。




以上、

3ヶ所の診断を受けました。







先生「手を休ませやないかんけど、

そういう訳にいかんやろ?

そやけどゆっくりやってください。

しばらく、

痛み止めを一日3回服用と

貼り薬で様子見ましょう。

これで治ってったらいいけど、

それでも治らんだら、

患部に注射したり手術したり。

でも今はそこまで必要ないなぁ。

また2週間後に来て下さいね。」





お薬貰って終了。









しかし病院出た後、

もう一つ診て貰いたかった所に
気づきました。



左手の親指付け根と手首の丁度間にある、
1cmくらいの柔らかい突起です。





自分自身ではたぶん、
『ガングリオン』だと睨んでいます。




今のところ痛みは無いのですが、
痛みを伴う場合もあり、

手術で取り除く必要性が
出てくる場合もあるらしい。



と、

家にある、

『家庭の医学事典』にありました。


次回診て頂こう。

















再び自転車コギコギ。





来ちゃった内科。

d0362666_21064932.jpg

昨年末から、


癌検診の結果と

血液検査の結果を聞かず、

放置してきた内科。








ここは空いてた。








先生と対面。






先生「(笑)」


(こちらの先生も明るい方です)




私「すみません💦

ワンちゃんの介護で余裕なくて💧」




先生「癌検診の結果は異常無しです。

血液検査の結果も、

白血球値が少し低いだけで異常無しです。

毎年低いので体質でしょう。」




私「それが、実は。

母が一昨年MDS(※)で亡くなりまして。

白血球が徐々に減っていったので、

専門医に診て貰って

診断を受けた経緯があります。

なのでちょっと気になっています。」






ここで、

明るかった先生の表情が変わりました。






先生「MDS(※)は遺伝しませんが、

よく見ると、
3年前、2年前、昨年と、

徐々に白血球値が減ってますね。

念のために今日採血してってください。

成分検査に回しますので、

結果は4~5日後に聞きに来て下さい。






終了。














今度は眼科と歯科...、


そして美容院だな。















参考まで。




※MDSとは?

『骨随異形成症候群』の略です。

比較的ゆっくりですが、

放置しておくと

『急性骨随性白血病』に移行します。
















再び自転車コギコギ、

買いもんへ。












帰宅する頃には真っ暗闇。






慌て洗濯物を取り込んで、

お利口みかんと遊びました。


...とさ。


**
























+++














本日もつまんない病気話。


(´・ω・`;)











おつきあいくださいまして、


まことに

ありがとうございました。


(。>ㅅ<。)













皆さまにとりまして、

明日と言う日が、



素晴らしい一日でありますように...。


(๑´∀`๑)










おやすみなさい。


またあした。














∞ つづく ∞

















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-04-23 23:04 | わんことおでかけ。 | Comments(4)