カテゴリ:わんこと庭とさんぽに道草心のはなし。( 2 )

雨のぶらぶらさんぽ。







こんばんは(o^-^o)







つづくの続きです💧



今日のさんぽのお話です。










まとまった雨の中。





傘をさして長靴履いて、

d0362666_19275295.jpg

みかんをカンガルーバッグに入れて

出発です。




みかんさん。

なんだか憂鬱そうですか?






いえいえ。


まんざらでもありませぬ。

d0362666_19280707.jpg

「むふっ♡」










庭のミモザは今年も、

d0362666_19282699.jpg

剪定する前に

花芽をつけてしまいました。







種のさやだってつけちゃって、

d0362666_19313286.jpg

ご覧のとおり...。




ハァ~💧(*゚∀゚)=3







まあ今年の冬に、

雪で大胆に折れましたので、


「自主的剪定をしてくれた!

ありがとうミモザ!」


...と思って、

自分を無理矢理納得させています。









その下で。

d0362666_19374844.jpg

English Rose

『レディエマハミルトン』。




放ったらかしなのに💧

ひっそりうつむいて健気に

咲いてくれています。




雨の中、

明るく甘い色と香りで、

元気をくれました。



ありがとう。











みかんさげて、

d0362666_19462075.jpg

ぶ~らぶらとさんぽ。










いつもの自販機で、

d0362666_19471280.jpg

ホット缶コーヒー。





私の敬愛してやまない

小林研三先生は、


絵を描く合間や絵画教室の合間に、


よく缶コーヒーを片手に

さんぽをしていました。




絵画教室の生徒さんだった方からの

受けうりです。






それをお聞きして以来、

みかんとさんぽ中などに、


大変お行儀悪い事を承知の上、

人目の無い所でコッソリと、


缶コーヒー片手に歩きます。






「先生はどんな気持ちで

歩いていたのかなぁ。」


と、


お会いしたかったけど

お会いできなかった分、


ささいな事を真似する事で、


先生に出会える気がするから

...かも知れません。






でも、

そんな時ふと一瞬ですが、


先生の目線で

目の前の景色を見ている気持ちに

なる事があります。



不思議です。











みかんの好きだった空き地。

d0362666_20050647.jpg

丸坊主でしたが少しずつ、



『シロツメグサ』が、

d0362666_20064430.jpg

復活してきていました。





そして、

d0362666_20070948.jpg

へこたれず小さく咲いてる。










あれ?

d0362666_20074953.jpg

足が止まりました。





誰でしょう?

d0362666_20083198.jpg

たった一輪可愛いピンクの花。










空き地の前の柿畑には今。

d0362666_20090418.jpg

『ヒメジョオン』がいっぱいです。







おお!

d0362666_20111524.jpg

こちらは『ハルジオン』?。







溢れる『ヒメジョオン』の中で、

幾つかの、

d0362666_20124565.jpg

『ハルジオン』が咲いていました。


可愛いピンク♡


**































今日もご覧くださいまして、


まことに

ありがとうございました。


*_ _)ペコリ












明日も皆さまにとりまして、


幸せな一日でありますように...



(๑´∀`๑)








おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-05-31 20:27 | わんこと庭とさんぽに道草心のはなし。 | Comments(0)








おはようございます。





久しぶりの朝の挨拶です。










ここのところ、

毎日のブログの通り、



『小さな夢』に向かっての

いっぽいっぽを中心に、


黙々と、、、

やがて“夢中”そして“無”になって

行動し過ごしています。








『小さな夢へのいっぽいっぽ』

『夢の為の片づけ』

『夢の為の掃除』

『心地よい暮らしの為の片づけ』

『心地よい暮らしの為の掃除』

『家事色々』

『糸布チクチク』

『みかんのお世話色々』

『さんぽに道草』



等々...







...


どれも、

行動に移す前は意識的ですが、


いざ取りかかると、

自分の気持ちが様変わりしてきます。






私の性格上。

端っこから、
ひとつひとつ丁寧にやり過ぎるが故に、
(この場合「丁寧な暮らし」とか、
素敵な意味ではないですよー)



大袈裟かもしれませんが、

途中からまるで、
“瞑想”しているが如くの状態に

なっていく事に、

あとになって気づきます。













昨日は、

アトリエ作りの他に、



“のん”の居た場所周辺の床掃除を、

黙々と...、


いつの間にか

時間を忘れてやっていました。








夢中になる分、

ただの掃除が
作品創りでもないのに、

昇華されていく感覚になり、

痛み哀しみの心の部分が
和らいでいくのを感じました。




やり終えた後、

清々しい気持ちも残りました。










なんだかここ数日、


思い出せば辛い事が

ふと頭に浮かび...



(やはり母の事と“のん”の事です。

どちらも誰よりも

よく看させて頂いた、

と、思っていますし、

後悔もほとんどありません。

特に母の場合、

身内の誰よりも

哀しい場面を見てきて、

最後も(医療従事者以外は)

私だけが看取ったので、

その時の濃い切ない時間を

共有できる人が身近にいないので、

余計に一人抱え込むのです。)




...哀しみが湧いてきて胸が痛く、

考え込んでいる時間も長いです。








だから余計に、

心のバランスを取る為なのか、


“夢中”“無”“瞑想が如く”

...になっている様な感じです。





それが同時に
“祈り”の状態にもなり、


哀しみが、

行為そのものと

行為によって現れた事柄
昇華されていき、


とても心が安らかになります。







たがら見た目ほど、

本人は疲れていないのです。










しかし

どうしても外目には、

根を詰めた状態になってしまいます。





Zさんから見たら、

まだ“のん”を看ていた疲れも

取りきれていないのに、

無理をしていると

写ったのかどうなのか...




(最近同年代の彼の知人が数人。
急に病に臥したり、
急にお亡くなりになったり
していることもあり、
自分自身や私に
どうやら危機感がある様です。)





...昨夜見かねてか、

心配してくれ、



Z「今度の平日、

血液検査や健康診断して貰いに

連れてくでなー。」



と、

強い調子で言いつつ、

出勤して行きました。








そもそも昨年末。


“のん”の事でバタバタしていて、


一部のがん検診と、

さらに血液検査の結果を、



なんと未だに、

私が聞きに行っていないのを

知っての事でもあります。





がん検診はともかく、

(聞きに行きますが)

血液検査はやり直しですね。






まあ、

連れていって貰い、

良く診て貰いましょう。











こうやってしばらくの間は、

哀しみを受け入れたまま、


気持ちが自然に外に向かい、

自分が心から

やりたい事好きな事を、

Zさんが心配するほど無理はせず、


生活の中で

なるべく優先していこう。






そして、

毎日早く床に入り早く眠り、

体調をしっかり整えよう。










朝から、

そんな風に、

様々な事を考えていたら、

今日はまったく

別の事をしたくなってきました。






おやすみの一日です。









雨が降っているけれど、

傘さして、

みかんをお供に
さんぽに出ましょう。









玄関前。

d0362666_17490480.jpg

パンジーの群。








同じく玄関前。

d0362666_17495067.jpg

レースラベンダー。









階段を降りて、

d0362666_17502562.jpg

昨日のチューリップ。


ライラックワンダーが

開き始めました。









その隣。

d0362666_17514489.jpg

クリスマスローズの鉢の中。



スミレです。



品種は分かりません。


庭に沢山の種類があるので、

交雑種かも...?










その上。



アーチのランブラーローズ。

d0362666_17532620.jpg

アデレードドルレアンの蕾が、

あちこちに

沢山立ち上がってきました。









同じアーチに一緒に絡む

ランブラーローズ、

d0362666_17570014.jpg

フランソワジュランビル。






ここは、

同じくランブラーの、


アルベリックバルビエ、

クリムソンシャワー、

ボビージェイムス、

ブルーランブラー、

野ばら、


が、

植わっています。









ボビージェイムスに

囲まれて咲く、

d0362666_18001577.jpg

八重椿。






ここまで、

すべて北側です。


日陰でもみんな元気です。











今度は東。



特にバラにとっては、

もっとも条件の良い方角です。





大好きなランブラーローズの、

d0362666_18035572.jpg

メイクイーンが

沢山蕾を上げてきました。







さっそく、

d0362666_18010246.jpg

ヨトウ虫が、

蕾を狙って這い上がってます。





以前なら手で取って、

「ごめんなさい。」

を、

していました。



今はもう「どうぞ。」です。













みかんブラブラ。

d0362666_18075160.jpg

カンガルーバッグの中。










傘さして、

テクテク歩いて、

d0362666_18095891.jpg

到着いつもの小さな野原。










雨の中。

d0362666_18105805.jpg

いきいきしています。









やっぱり落ち着くな。

d0362666_18111438.jpg

申し訳ないけれど、




自分で植えた
園芸種の、

お庭の草花や花木よりも、

d0362666_18132362.jpg

見ていてリラックスできます。





心の奥底から、

d0362666_18143029.jpg

感動します。



なんででしょう?








彼ら彼女らは、

自然の力で生まれ育ち、

d0362666_18150133.jpg

人の手が入らず、
見ていて新鮮だから?





ここはそもそも宅地の空き地。


いつコンクリートで固められ、

お家が建つか分からない

儚さから?











この青い花。

d0362666_18180811.jpg

分厚い、
「日本の野草辞典」で調べたけれど
見つからず...。




ネットで調べたら、

きっと分かるでしょうね。



でも面倒。





可愛いから、

名前知らなくていいや。











空き地の前の柿畑。

d0362666_18234821.jpg

タンポポがどこまでも。










この間まで、

ツクシがずら~~~っと

並んでいたのに、

d0362666_18253775.jpg

もうスギナに交代です。











カンガルーバッグの中から、

d0362666_18262838.jpg

景色を一緒に

眺めていたみかん。









そろそろ、

d0362666_18265844.jpg

帰りますか?









ねっ♪

d0362666_18273302.jpg


**




















+++













今日も一日


ありがとうございました。



(*˘︶˘人)✲゚*♡ 











どうか明日も


皆さまにとりまして





幸福な


一日でありますように...



(๑´∀`๑)








おやすみなさい。


またあした。















∞ つづく ∞


















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-04-06 20:35 | わんこと庭とさんぽに道草心のはなし。 | Comments(2)