カテゴリ:わんこと庭と心のはなし。( 8 )

3/8(金) 正直な気持ち。









*** 今の正直な気持ち ***










夕刻



みかんとさんぽに行きました


3/8(金)   正直な気持ち。_d0362666_18350010.jpg


いいお天気だし

みかんも自分も

いい気分転換になるかもと、、





みかんは楽しく帰って来ました





私は?








*

*

*







たった今


ブログを

「やりたい」と「やりたくない」が

せめぎあっています



Instagramもしかり...







Twitterは無期限で鍵をかけました











ブログを始めてから

ここまで思うのは初めてです







「やりたくない」だけだったら

やらないのですが


「やりたい」も同時にあるのが

やっかいです









やっぱり鬱なんでしょうね








だから


「やりたいのにやれない」


言った方が正確かも...








こればっかりは


『自分の力でなんとかなるものではない』

『気合いとか努力とか意欲とか怠惰とか

気持ちの問題ではない』


意識でなんともならない脳の状態です







たぶん経験された方にとっては

とても理解できる状態でしょう






これ、、


とってもしんどいですねえ










ここのところ


このくらいの

鬱状態になる事がなかったので


自分自身でも戸惑っています








「あれ?どうやって対処したら

よかったっけ?」


って...










それでも


自分のカラダの中で起こっている事なので

逃げる訳にもいかず


たぶんひたすら重苦しい状態が

自然に去るのを待つのでしょうね









あまり酷い場合は主治医の先生に相談して


お薬の処方を

変えて頂く必要があるのでしょう








しかし今の先生は5分診療で

じっくり話を聴いて貰うのでなく


端的にまとめてお話をして

適切なお薬の処方を判断して頂くという

診察の形を取られます






その形が私には合わないのか

どうにも噛み合わない事度々







しんどい状態をお話しても

突き放された言い方をされる事も多く

お話をする事を躊躇してしまいます






本当は話をしないと

理解して頂く事は不可能なのですが


大丈夫じゃないのに


「大丈夫です」


言ってる自分がいます








端的にまとめる能力がないのに

5分では無理ですね







最初から諦めていたら

何の為に通院しているのか分からないので


「頑張って説明しないと、、」


ですね




しかし頑張れないのが鬱です










できればやはり

自然に過ぎ去るのを待ちたいです












心踊る春到来です





そう思えばわくわくする気持ちも

ふと瞬間的にわきます







少しでも脳の中が

持続的にわくわくする様に


引きこもらず多少無理矢理にでも

自分を外へ連れ出しています






今日の様に

みかんにお付き合いして頂いて^^











*

*

*














今日もつまらない呟きに

お付き合いくださいまして

まことにありがとうございました










おやすみなさい




明日もいい日で☆









***


















ご覧くださいまして

まことにありがとうございました


_(*- ᎑ -*)_











∞ つづく ∞

















にほんブログ村


にほんブログ村



by mimanon | 2019-03-08 19:44 | わんこと庭と心のはなし。

まったり日和。







おはようございます。






今日もいいお天気。

まったり日和。_d0362666_19280513.jpg

温かいお日さま。





澄んだ青空。

まったり日和。_d0362666_19291693.jpg

冷たい空気。












+++











のんちゃん寒いのか、

まったり日和。_d0362666_19310407.jpg

丸くなって寝てる。







目覚めました。

まったり日和。_d0362666_19312192.jpg

寒いねぇ。







ファンヒーターを

まったり日和。_d0362666_19352511.jpg

ON!







あったまるまで、

まったり日和。_d0362666_19320172.jpg

毛布でくるみます。













+++











ゴミを捨てに。




帰りに道草。

まったり日和。_d0362666_19131193.jpg

いつもの銀杏。







ご近所さんの屋根から、

まったり日和。_d0362666_19133627.jpg

お日さま。







木蓮は、

まったり日和。_d0362666_19142190.jpg

堅い蕾が。












+++











みかん。

まったり日和。_d0362666_19561881.jpg

おやつ。








しかし。

まったり日和。_d0362666_19564218.jpg

モコモコ過ぎひん?








黒豆納豆と

まったり日和。_d0362666_19570838.jpg

お豆腐。

目がうもれてるー。

まったり日和。_d0362666_19580531.jpg

どうぞー。

まったり日和。_d0362666_19582931.jpg

ぺろり。








美味しかったね。

まったり日和。_d0362666_19590215.jpg

「むふ♡」








急に、

みかんソワソワ。

まったり日和。_d0362666_19584874.jpg

なになに?







「とうちゃんかえってくるん?」

まったり日和。_d0362666_20011295.jpg

するどい!






今日は帰ってくる日。


なんにも言っていないのに。


まだまだ遠くにいるのに。





なぜ分かる?












+++










私。





またここのところ、

前日の眠薬が残るのか

日中の睡魔が酷い。





今日も2時間眠りました。

まったり日和。_d0362666_18530960.jpg

「ねえねえ」

まったり日和。_d0362666_18541346.jpg

「ひまなんやけど」

まったり日和。_d0362666_18543754.jpg

「どしたん?」






眠たいんさ。

まったり日和。_d0362666_18545527.jpg

「そうなん」






「ねむたいんやって」

まったり日和。_d0362666_18552466.jpg

まったり日和。_d0362666_18563580.jpg

「ひまなんやけど」












+++












眠け覚ましに、

まったり日和。_d0362666_18572758.jpg

豆乳たっぷりコーヒー。

&

たっぷりナッツ。








庭から、


ヒメツルソバと

まったり日和。_d0362666_18122005.jpg

野ばらの実。














+++










午後。


車の音。







みかん。

まったり日和。_d0362666_20292430.jpg

お迎え。







「まだなん?」

まったり日和。_d0362666_20294903.jpg

もちょっと待ってな。







「まだなん?」

まったり日和。_d0362666_20314874.jpg

なぁ。遅いなぁ。










来た来た!

まったり日和。_d0362666_20325843.jpg

「おかいりー」













+++











みかん大騒ぎ。

まったり日和。_d0362666_20403182.jpg

「わーい!」








「えーい!」

まったり日和。_d0362666_20410218.jpg

あ、こらこら。









かろうじて、

まったり日和。_d0362666_20423125.jpg

捕まりました。













+++











2階から、

まったり日和。_d0362666_20155283.jpg

日暮れ前の寒い空。







早い早い。

まったり日和。_d0362666_20165752.jpg

一日があっという間。












+++











午後4時。





軒下の気温計を見つつ

雨戸を閉めていて、



ふと、

まったり日和。_d0362666_16424647.jpg

その前にある、

庭の景色が目に入りました。



なんて事ない低木や下草たち。






染井吉野と椋の木の下、

様々な植物が混在しています。









生前、母がある日

この鬱蒼とした庭を見て、


一瞬驚いた顔をしました。






“あ。嫌みを言われるな...。”


と、

身構えていたら、




「Mちゃん...。いいわ。」



と、

いい意味で

驚いていたのでした。








母は、

信州長野の1000m級の山奥で

生まれ育った人なので、



故郷を思い起こす景色

だったのだろう。







私も幼い頃から幾度となく

訪れているので、


よく分かります。








その故郷は、

何十年も前に廃村になり、


今はNPO法人の方々によって、

かろうじて
母の生家も守られています。

(生家はかなり削られ、

あまり面影もありませんが)









私もあの景色が好きだから、


無意識に

ここに再現しているのかも。





あの時の母の驚きを

忘れられないからでもあります。










私以外の人から見たら、

ただの「やぶ」でしょうね。







ご近所さん。


不思議がられているか、

ただ怠慢な人と思われているか、


どちらかだな。







人によって

「美」や「懐かしさ」の基準は違うし、


分かって貰おうなんて

さらさら思っていないけれど、



小さな住宅街なので、

色々難しいところもあります。









最近の

ドキュメンタリー映画。


「人生フルーツ」の後半。




印象深いシーンがありました。









修一さんが亡くなって、


英子さんが、

業者の方に依頼して、




道にはみ出た高木の枝を、



「お父さんが生きていたら怒るかな。

でも、なにかあってからでは

私一人ではどうしようもできないから。」



...というような事を仰って、

バッサバッサと切って貰ってたな。









Zさん。



私が先に

こちらからあちらへ渡ったら、


この庭、

全部丸坊主にしていいよ。





これ遺言。















今の気温は約5度。





0度から6度あたりを、


一日のうちに

うろうろする様になったので、


庭のばらたちは休眠期。







ざっと庭を見回ると、


幾株かのつるばらが

どうやら完全に立ち枯れしている。






株元に、

おがくずが出ているものもあり、


明らかにテッポウムシが原因。






ここらは周辺に山が多く、

カミキリムシの発生が多い。






以前はまめに巡回して、

早い目に退治していたのですが、


ここ最近放置していたので

仕方がない。







仕方がないけれど、


大好きなランブラーの

「メイクイーン」が枯れてしまったのは

ショックだったな。













+++











みかん。

まったり日和。_d0362666_20092220.jpg

父ちゃんとソファーの上。







ふたり毛布にくるまって、

まったり日和。_d0362666_20095234.jpg

まったり。



父ちゃんお疲れ?














+++










のんちゃん今日も、

まったり日和。_d0362666_18294125.jpg

まったりしています。








しかし今から

まったり日和。_d0362666_18300414.jpg

腕の処置です。






昨日できず、

まったり日和。_d0362666_18313022.jpg

出血多し。








みかん。

まったり日和。_d0362666_18321442.jpg

気になる。








「おばちゃん だいじょぶ?」

まったり日和。_d0362666_18324765.jpg

だいじょぶよ。







「なら よかった」

まったり日和。_d0362666_18341344.jpg

去る。












+++












みかん。

まったり日和。_d0362666_19042114.jpg

とうちゃんの足の上。







まったりネムネム。

まったり日和。_d0362666_19045469.jpg

よかったね。


**
















+++













今日も一日


ありがとうございました。



(*˘︶˘人)✲゚*♡ 











どうか明日も


皆さまにとりまして





幸福な


一日でありますように...



(๑´∀`๑)








おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2017-12-14 21:20 | わんこと庭と心のはなし。 | Comments(0)

木と生き物の楽園。









おはようございます。








いつも休日の夜、

職場へ出勤する主人。





昨日は珍しく、

お家に

泊まっていきました。






今朝早く。


みかんお見送り。

木と生き物の楽園。_d0362666_08295066.jpg

「とうちゃん…」







離れた駐車場から

折り返し…

木と生き物の楽園。_d0362666_08301048.jpg

再びやって来るのを

待ちます。






やって来ました。



今日は

“ バス ”なんだな。

木と生き物の楽園。_d0362666_08304414.jpg

「いってらっさい」






昨日は、

見送っても見送っても

帰って来たけれど、




今度はほんとに

行っちゃった。

木と生き物の楽園。_d0362666_08322285.jpg

また暫く寂しいね。





やっぱり、

可哀想な子みたいだ。










+++








わんこの洗濯物は、


倉庫にある洗濯機で

洗っています。






今。


倉庫に入ったら、

木と生き物の楽園。_d0362666_08485555.jpg

Rボビージェイムスの枝!






屋根と倉庫の

僅かな隙間から、


入り込んでいます。








こちらは、

木と生き物の楽園。_d0362666_09045837.jpg

倉庫の扉の隙間。



アイビー。







扉を閉めても…

木と生き物の楽園。_d0362666_09052517.jpg

大丈夫な隙間を選んでる?






ツルを伸ばした先が、


たまたま

大丈夫な隙間だっただけ

だろうけど、





なんだか彼らは

意思を持って、



場所を選んで伸びてる様に

感じます。




たくましく、

したたかに…。









うちの庭には、

つるばらを筆頭に、



ツル性の植物たちが

本当に多いです。






彼らは隙有らば、


あちらこちらに

ツルを伸ばし、




年々、

家のまわりと庭全体を

占領しつつあります。








家の中に居ても、

日々植物たちに、

家ごとすっぽり包まれて

生きてる感覚が強く、


不思議な安堵感があります。







ご近所さんに

ご迷惑をかける所以外は、



“ 頑張ってんな~...”



っと、


不便がなかったら

私が放置するので、





植物たちにとって

たぶんここは、



楽園。








あ。



それから...、


白蟻と

ゴキちゃん対策以外、

なにもしていないので、


小さな生き物たちにとっても、



同じく楽園。








“ 生き物 ”って、

動物・植物・菌類、


すべての総称なんですってね!

知らなかった。








じゃあここは、

私にとっても、



楽園?

かも...?










+++









のんのごはんに

混ぜ込むお薬。




心臓のお薬に、

木と生き物の楽園。_d0362666_10255793.jpg

利尿剤にビオフェルミン。







クラッシャーで、

木と生き物の楽園。_d0362666_10182716.jpg

こんな風に砕いてから

入れます。







しかし。



苦いお薬の場合は

砕いて入れると、


ごはんを食べなくなるので、




錠剤のまま

のどの奥へ入れ、



すかざずオヤツをあげて

飲み込ませています。







クラッシャー。


便利ですね。











+++








ふたりのごはんの

木と生き物の楽園。_d0362666_10395790.jpg

出来上がり。









のん。

木と生き物の楽園。_d0362666_15423015.jpg

ぺろり。







そして、

木と生き物の楽園。_d0362666_15381603.jpg

満足体操。

木と生き物の楽園。_d0362666_15401841.jpg

木と生き物の楽園。_d0362666_15404719.jpg

ん?

木と生き物の楽園。_d0362666_15411552.jpg

どうやら終了。



ふ~ 💨









しかーし。




ムクッと起きて、

木と生き物の楽園。_d0362666_16380886.jpg

長い長い巣作り開始。







宜しければ、

暫しお付き合いの程...。

木と生き物の楽園。_d0362666_16081906.jpg

「バババッ」

木と生き物の楽園。_d0362666_16084222.jpg

「ガサ…」

木と生き物の楽園。_d0362666_16090916.jpg

「ゴソ…」

木と生き物の楽園。_d0362666_16092835.jpg

「クルッ」

木と生き物の楽園。_d0362666_16095095.jpg

「ダダダダダッ」

木と生き物の楽園。_d0362666_16101134.jpg

「ウンショ」

木と生き物の楽園。_d0362666_16103177.jpg

「コラショ...っと。」









なのに、






結局

木と生き物の楽園。_d0362666_11024162.jpg

床で落ち着く。









かたや。


みかん。

木と生き物の楽園。_d0362666_11132566.jpg

出て来ません。




事後報告を待ちます。

( 食べてありました。)











+++










さて。



ちょっと休憩。




本日の小皿は、

木と生き物の楽園。_d0362666_13010929.jpg

こちら。





これで、

リラックマシリーズ

全6枚終了。









いつもの、

木と生き物の楽園。_d0362666_13315887.jpg

たっぷり豆乳コーヒーに、


たっぷりナッツと

チョコ一枚。




豆苗、

2袋分再生中。








ナッツに埋もれて、

木と生き物の楽園。_d0362666_13245869.jpg

やや迷惑そうな

リラックマ。











うちには、


くりぬき丸盆が

いつの間にか6枚。







小さい3枚と

中くらいの1枚は、

木と生き物の楽園。_d0362666_14141856.jpg

実家から。








彫りのある

中くらいの1枚は、

木と生き物の楽園。_d0362666_14150402.jpg

近所の古物屋さんで。








大きな1枚は、

木と生き物の楽園。_d0362666_14152290.jpg

アジア雑貨のお店で。








どれも

古いものばかりで、



ただ、もしくは格安。






気がつけばあった…、

という感じ。





すべてお気に入り☆








好きなものは、

頑張って集めようと

しなくても、


勝手に集まってくるんだな。











実父が家具屋さん

だったので、




実家には、

昔ながらの木の小物も、


割合生活の中に

溶け込んでいました。








木の玉簾って

ご存知ですか?






昭和のお宅には、

案外どちらにも

あったのではないでしょうか?






算盤のコマの生産地で、

生まれたらしいですね。








今うちで使っている玉簾は、

木と生き物の楽園。_d0362666_14181915.jpg

父の家具屋さんから

来たものです。









約12年前に、

中古で購入した、

現在、築約40年の

昭和のこの家には、



昭和の木の小物が似合います。











子供の頃。




父の家具屋に遊びに
行って、



店内を、

うろうろするのが

好きでした。






今でも、

当時の事を思い出すと、


同時に木の香りが、



辺りに
フワッと漂う気がします。







香りや匂いの記憶って、

視覚的な思い出より、



胸の奥が

キュッとなりませんか?











+++









のん。

木と生き物の楽園。_d0362666_20301825.jpg

腕の腫瘍の処置。






内臓疾患が無かったら、


一刻も早く

切除して頂きたい。




それくらい

状態が良くないです。






強烈な匂いと

タダレに体液に出血。

木と生き物の楽園。_d0362666_20305247.jpg

毎日処置しても、

追いつかない。




ほんにんも

気になる様子。







でも、

無理してオペしたら

命にかかわるし...。









年を取ると色々重なって、

木と生き物の楽園。_d0362666_20313002.jpg

難しいですね。







人間と一緒…

ですか…。









+++










ミィちゃんミィちゃん。

木と生き物の楽園。_d0362666_14312847.jpg

そんな高い所から

見てないで、

木と生き物の楽園。_d0362666_14315856.jpg

こっちで

おやつ食べようか?

木と生き物の楽園。_d0362666_14322852.jpg

「ふぁぁ~」







おいでおいで。

木と生き物の楽園。_d0362666_15005558.jpg

来た来た。








豆乳ヨーグルトと、

木と生き物の楽園。_d0362666_15012135.jpg

冷凍バナナだよ。








待てー。

木と生き物の楽園。_d0362666_15020499.jpg

待て~。

木と生き物の楽園。_d0362666_15022293.jpg

どーぞ。








「♪」

木と生き物の楽園。_d0362666_15030702.jpg

木と生き物の楽園。_d0362666_15034575.jpg

「うまうま~」







「くぅ~」

木と生き物の楽園。_d0362666_15040835.jpg

「むふふ」

木と生き物の楽園。_d0362666_15042840.jpg

なっちゅう

お顔すんのぉ(>.<)

**












+++










今日も一日


ありがとうございました。



<(_ _*)>








どうか明日も


幸福な


一日でありますように...



(о´∀`о)









おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞













にほんブログ村

にほんブログ村



by mimanon | 2017-09-15 21:57 | わんこと庭と心のはなし。 | Comments(2)







おはようございます。







今日は朝からいいお天気。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_07282513.jpg

涼しげで、



夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_07284850.jpg

穏やかな朝。







あれ?


なぜそう思うのだろう?




なにか、

いつもと違う違和感を感じて、


ふと耳を澄ます。







ああ。



静かだな。




昨日まで

音の押し売りの様だった油蝉が、

全く鳴いていない。







変わって様々な秋虫たちが、


こちらからチューニングを

合わせると、

さわさわと、

ひそひそ話をするように

鳴いている。






カラスが

お山から降りてきた声だって、

雀の声だって、

山鳩の声だって、


今日は聞こえる。







ご近所さんの

おりんを鳴らす音や、

咳払いや生活音も。









夏。



本当に、


終わったんだな。








苦手な夏から、

大好きな、

生まれ月でもある秋が

やって来て、


嬉しいんだけど、

なんだか

さみしい気持ちもちょぴり

あるのは...


なぜ?















こんな

反抗的な顔してますが、

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12190214.jpg

みかん。

おやつの時間です。








夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12253144.jpg

ちーん。


やって来ました。










待て。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12450421.jpg




待て。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12455244.jpg




どうぞ。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12461290.jpg

「いいの?」






いいよ。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12463986.jpg


夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12465931.jpg

「はふっ」








おっと!


すべて落としました。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12473408.jpg

慌てて拾い食い。











みかんのごはん。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_08502624.jpg

今日もいっしょ。









みかん。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12573761.jpg

やはり...





夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_12575969.jpg

去る。








そして。

まったり...

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14260846.jpg

くつろぐ。











“オーイ”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14015468.jpg

これで気を引く。









“ミィさん”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14032277.jpg

「?」







“ミィサン”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14034589.jpg

「??」







“ミィサン!”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14041787.jpg

「ぬぬ」







“アソボウヨ”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14050484.jpg

「...」







夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14044274.jpg

「くんくん」







夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14063196.jpg

「ぱしっ」







“イタッ”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14073303.jpg

「かぷっ」







“イタイッ”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14060678.jpg

「たしっ」







“キャッ”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14082776.jpg

「がぷっ」







“アイタタ”

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14084544.jpg

「やー!」







“ミィサン…

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_14022496.jpg

…ボク イタイヨ”








絶対あげない。




何故なら。


大事な子だから。


噛み噛みされたくないから。









よって「落ち」は無し。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_13013526.jpg

“ミィサン サヨナラ~”







みかん。


ごはんと共にケージへ。





すぐ完食。














のん。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_13522897.jpg

もちろん2分で完食。

















午前11時20分。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_11192123.jpg

強い日射し。




でも、

湿度が低く不快じゃない。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_11201719.jpg

早朝鳴いてなかった油蝉。




一匹。

ちょっと弱々しい声で

鳴いている。


なんだか可哀想になる。




ひと夏なんて...、


儚いねえ。













ボケボケだけど、

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_17132957.jpg

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_16292008.jpg

西洋ニンジンボクに

アゲハチョウ。






ハナアブも沢山。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_17071011.jpg

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_16295872.jpg

でも花はそろそろ終盤。




庭の夏も

終わっていく。
















午後3時45分。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_15441880.jpg

庭の桜で、

ツクツクボウシが鳴いてる。






洗濯物を取り込んでいると、

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_15455747.jpg

とてもいい風。













今日は、

質の悪い睡眠と早朝覚醒と
頭痛。



朝から久しぶりに、

どうにも使えないカラダ。



2時間ほど、

ソファーで潰れていました💦









ここのところの

長い不調で、


まわりの様々なモノとコトが、

沢山滞っています。







本当は片っ端から

片付けていきたいのに、

出来ないから、


焦るしイライラもする。








そんなこんなで、

ややもすると滅入りがち。




あかんあかん 💨

と、

首を振る。




キツいカラダだって、

ゆっくり

少しでいいからやれば、


見える成果は出なくても、

気分は良くなるはず。





全部やらなくていいんだよ。


ちょっと気分が良くなる程度に

やればいいんだよ。









そうだ。


こんな時こそ、

「モモ」のベッポおじいさんに

なるのだ。



ひと掃き。

ひと掃き。




トイレ掃除したり、

のんの左足の処置をしたり、


いつもより丁寧に

洗濯物を畳んだり、


掃除機かけたり、







そして、


皆さんのブログを拝見して
共感したり、
感心したり、

笑ったり。






内科的に

体がキツい時は、

絶対安静に休んだ方がいい。




確かに不眠で体もキツいけど、

心的不調の幅が大きい

今日などは、


無理のない範囲で、

なにかしらした方がいいかも。





そして。

そのうち

夜が来て早く眠ればいい。











***








新薬。



効きめのほどが、

まだよく分からない。




今、

一日1錠飲んでいる。




2週間ごとに、

1錠ずつ増やしていって、


カラダに合う量を

見極めていくらしいので、


たぶん私には、

量が少ないのだろう...。






かといって、

2週間待たずに増やすと、


入院するほど

重い副作用が出るお薬なので、


焦りは禁物。






1錠で安定する人もいれば、

8錠の人もいる。




私はその中のどこで、

主治医のおっしゃるところの、


“楽”

…になるのかなぁ。









***









先ほど、

ベッポおじいさんなった私。



ひたすら黙々と、
目の前のコトに
取り込みました。








のん。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_17501792.jpg

腕の処置。




やはりメロリンガーゼを

使ってます。



経済的には厳しいけど、

症状の改善の方を取りました。




普通のガーゼより、

状態が良くなりました。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_17543961.jpg

終了。









のんには気の毒ですが、

ついでに耳掃除も。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_17560952.jpg

綺麗でした。










お疲れのんちゃん。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_17563953.jpg

頭わしわし。






夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_17573930.jpg

「にしゃ」
















午後6時10分。

夏の終わりのベッポおじいさん。_d0362666_18134035.jpg

「モモ」色の入道雲。


日が暮れます。




私。

ベッポおじいさんを
解除です。





この時間になって、

油蝉が沢山鳴く。





なんだ。


まだ、

いっぱい居たのね。


遠くではカナカナゼミも...。



皆。

まだ居てくれてちょっと嬉しい。














今日も、

穏やかに

一日が終わりそうです。







皆さんありがとうございました。


<(_ _*)>




明日も良い一日を!










おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞














にほんブログ村

にほんブログ村



by mimanon | 2017-08-27 19:46 | わんこと庭と心のはなし。 | Comments(2)

青空に願いを。






おはようございます。






朝一番の空。

青空に願いを。_d0362666_14281186.jpg

今日もいいお天気。






嬉しいです。

青空に願いを。_d0362666_14283320.jpg

布団干せます。










昨日。

義理の父の
初盆の法要だったのですが、


私は、部屋の中での移動すら

ままならないカラダで、

出席到底叶わず。





家事とわんこの事だけを、

必死にこなしておりました。




青空に願いを。_d0362666_15020368.jpg



帰って来た主人に聞くと、

当然ですが、


私以外の親族は

皆集まっており、


皆で恒例の

食事会もしたとのこと。





主人は、

「かったるいで~。」

...と言って、


食事会には参加せず

帰って来ましたが、


"私に気を遣ってでは?"


…とも思えます。




青空に願いを。_d0362666_15012793.jpg




私は長男の嫁なのに
こういう場面がよくあり、

期待をそもそもされていないのは、
逆にありがたいのですが、

やはりどこか、

情けないやら

悔しいやら

悲しいやら…、

...が正直なところです。




主人やお義母さんには、

本当に申し訳ないなと思います。









10月のお義父さんの

一周忌までには、


なんとかかんとか、


カラダを良くしてのぞみたい。










お盆明け。

服用中のお薬を、

新薬に変える予定なので、


この困難なカラダから

少しでも解放され、



"誰かのためにも使えるカラダに

なりたい!"


…と、

切に切に願っております。






青空に願いを。_d0362666_15052653.jpg







ところが…。



今日は、

昨日よりさらに悪く、


困って

朝から途方にくれています。







"どうやって生きようか...?"


そういうレベル。







青空に願いを。_d0362666_15044655.jpg






幸い昨日も今朝も、



主人が、

さりげなく

色々手伝ってくれたり。



わんこふたりが、

ペロリと

ごはんを食べてくれたり。






青空に願いを。_d0362666_14403757.jpg


青空に願いを。_d0362666_14405426.jpg





のんが、

食後の、
可愛い満足体操を見せてくれて
和んだり。






みかんが、
面白い顔で大笑いさせてくれたり。






青空に願いを。_d0362666_15054806.jpg





私の声に反応して、

文鳥のおーちゃんが可愛く鳴いたり。







窓からは、

青空に願いを。_d0362666_14215838.jpg


青空に願いを。_d0362666_14231704.jpg

(午後一番の空。)



今日も変わらず、

綺麗な青空や白い雲だし。








庭は夏の濃い緑や、

涼やかな花の西洋ニンジンボクが、

青空に願いを。_d0362666_15102650.jpg

目を楽しませてくれるし。


蝉の声も元気をくれます。









皆が、

心まで急落するのを

食い止めてくれているようで、


本当にありがたいです。






家族と置かれた環境、


大事ですね。




ありがとう。











今より良くなってからは、

今度は私の番。



家の中をもっと片付けて、

色々工夫もして、

色々手作りもしたい。



そして、

主人に今より
家でリラックスして貰いたい。




美味しい料理を、

もっと作って食べて貰いたい。




みかんともっと遊んであげたい。





青空に願いを。_d0362666_15064792.jpg





のんの身の回りの事を、

今よりしてあげたい。





荒れた庭を、

「秘密の花園」のように、

再生させたい。



ほったらかしの

植物たちのお世話をしたい。









今も、

できる範囲で頑張るけど。



充分には…、

もう少し待ってくださいね。







青空に願いを。_d0362666_15164651.jpg










そして。


ブロガーの皆さん。






私には、


素敵…☆

凄い!

尊敬***

感激!!

感動(涙)ー。

面白い♪

癒される~。


…っと、

心底思える

フォロー中のブロガーさんが、

本当に沢山みえます。





皆さんのブログを、

毎日、拝見させて頂く中で、

無くなった分のチカラを、


いや、

それ以上に、

ものすごく補って頂いています。



ありがたいです。







皆さん。


この場からで失礼いたしますが、


本当にありがとうございます。


<(_ _*)>










私も皆さんの様に...、




誰かになにかを、

(どういう形ででも)


与えられるだけのチカラを、
カラダにたくわえたいものです。




( 今は頂くばかりですが…。)






青空に願いを。_d0362666_16094377.jpg








昨日。


宇治山田駅前の大好きな、


伊勢の味どころ

割烹「大喜」さん


…で、

今日の出前を主人と二人分

注文しました。






青空に願いを。_d0362666_12400033.jpg

主人のうな丼。


大好物。






青空に願いを。_d0362666_12403632.jpg

私の松花堂弁当と茶碗蒸し。


贅沢。








たまにはね。


外食は、
主人があまり好きでなく行かないし、

のんのこともあり、

遠出も旅行も出来ないしね。





今度は近場の、

「 美味しいって噂の、
宮川堤沿いのうなぎ屋さんへ
食べに行こや~。」

っと、
主人に話すと、

゛ニヤッ゛





うなぎだけは特別枠みたいです。









ちょっと休みます。





青空に願いを。_d0362666_18284952.jpg





ありがとうございました。


またあした。



青空に願いを。_d0362666_18294058.jpg

青空に願いを。_d0362666_16290569.jpg




∞ つづく ∞
















にほんブログ村

にほんブログ村



by mimanon | 2017-08-13 17:55 | わんこと庭と心のはなし。 | Comments(2)

夢見る船乗り。







おはようございます。






しばらくぶりの、

朝の抜ける青空です。

夢見る船乗り。_d0362666_07530513.jpg



どこを見ても、


雲がありません。




夢見る船乗り。_d0362666_07532895.jpg
7月最後の一日です。



盛夏。



ジワジワ油蝉。













みかん。



仲間の父ちゃんが、

ちょっと朝からお出かけで、


お見送り。
夢見る船乗り。_d0362666_09050368.jpg

「いってらっさい」






ふたたび車の父ちゃんに、
夢見る船乗り。_d0362666_09061610.jpg

「いってらっさい」












あ。


お気づき?








主人。


仕事で引っ越しが頻繁。





家計はヒーヒー(泣)ですが、

ご覧の通り、

ワゴン車もあります。








近づいてくると...。


ゴーっと、

ちょっとしたバスの様な音。







乗り込むときはいつも、

エイヤッ!...と瞬発力を使い、



「了解!出動します!現場へ急げ!」


と、

急いでもいないのに呟きます。








からだの具合が悪い日には、


「え~っ!コレで行くのー!」


...と文句も出ます。










しかし。

+++ 主人のお気に入り。 +++

これ重要!!








それに。

乗り込んでしまえば、

案外乗り心地がいい車。



目線が高く見晴らしも良い。












昔。



大きな船に乗って、

仕事をしていた時期があったのですが、


ほんのちょこっと、

あの感覚に似ていています。






大好きな船だったゆえに、

時折ほろっと懐かしさも感じます。









乗っていると思わず...、



「 左舷後方よーし。

右舷前方から自転車あり。

面舵いっぱーい。

取舵いっぱーい。


よーそろーーー。」




...とか(馬鹿?)

ひとりブツブツ呟く時間でもあります。







まあ。

たまには動かしてあげないとねぇ。








*****







ちなみに。


先程の古い、いとしの船(M号)。







異動で陸上勤務になって、

船を降りる最後の日。




ひとり船内の壁に触れながら、



感謝の言葉をかけつつ、

ぐるっと一周し、



感慨深い思いで、

名残惜しく船を降りましたっけ。




夢見る船乗り。_d0362666_15171589.jpg





あのとき。


不思議なんですが、



大きな鉄の塊のモノでなく、

豊かな生命を感じたんですよね。






実際のところ、

命を守って頂いていたわけですし、


まるで親のような親友のような...そんな感覚。








今でも時折。


またあの中で揺られたいな~、

と思う瞬間があります。





夢見る船乗り。_d0362666_15152279.jpg


だからか、


ちょぴっと、

主人の気持ちもわかるかな...。












いとしの船。



そろそろ引退の時期だろうけど、





今も現役で、


この瞬間も、

どこかの大海原で大活躍しています。




夢見る船乗り。_d0362666_15162325.jpg




頑張れ!



そして、

ありがとう。




夢見る船乗り。_d0362666_15113239.jpg





*****


( 絵は、

船乗りに憧れていた当時。


ユーミンの

「海を見ていた午後」♪を題材にして、

漫画を描いたときのものですな。


この数年後に夢を叶えるわけですが......。



ヘタクソですが懐かしい。


古くて汚れが目立ち、

少し修正を入れました。)


*****














午後。


南の庭。

ミモザの幹にもたれかかって、
夢見る船乗り。_d0362666_14243242.jpg
ピンクの鹿の子百合。


やっと咲きました。





まだまだうしろに、
夢見る船乗り。_d0362666_14281853.jpg
次々に控えています。



白や濃いピンクも、

隣や庭の奥や北庭に

控えています。



楽しみ。











お日様が当たりすぎて、

分かりにくいですが、
夢見る船乗り。_d0362666_14351400.jpg
この暑い庭で、

最も元気に咲くパンジー。














部屋に戻って。

わんこごはん。




のん。
夢見る船乗り。_d0362666_16552024.jpg
よく食べてくれます。


ありがとう。








食後。

満足体操のあと、
夢見る船乗り。_d0362666_16561410.jpg
巣作りを、


夢見る船乗り。_d0362666_16565042.jpg
一生懸命に、


夢見る船乗り。_d0362666_16571870.jpg
一生懸命に…、






やっとこさ終了。
夢見る船乗り。_d0362666_16581592.jpg
こちらが、


見てて、




「ふぅ~💨💨💨」
夢見る船乗り。_d0362666_17020366.jpg
お疲れさん。






ああ。
夢見る船乗り。_d0362666_16594576.jpg
落ち着いて、




眠くなったね。
夢見る船乗り。_d0362666_17023502.jpg
おやすみ。











かたや、

みかん。


ちよっと残しました。




まあ、

いいでしょう。






別腹のナッツ食べる?
夢見る船乗り。_d0362666_16231741.jpg
「たべるー」







上を向けば、
夢見る船乗り。_d0362666_16243760.jpg
葱坊主。







前を向けば、
夢見る船乗り。_d0362666_16254544.jpg
ベートーベン。







この不思議な頭とも、

明日のトリミングで、



サヨナラです。
夢見る船乗り。_d0362666_16272802.jpg
どーぞ。





よく噛んで食べます。
夢見る船乗り。_d0362666_16275860.jpg
「はがはが」














日暮れ前。


2階の窓から覗く空。
夢見る船乗り。_d0362666_18351198.jpg
南は雲で全滅。




西に、

少し色づいてきた空を見つけました。



これだけで、

じゅうぶん嬉しい。













リビングに戻って来たら、

みかん。



父ちゃんとまったり。
夢見る船乗り。_d0362666_18384185.jpg
明日は、

しつこいけど、

朝からトリミング。







見納めフォト。
夢見る船乗り。_d0362666_18394685.jpg

夢見る船乗り。_d0362666_18403914.jpg

夢見る船乗り。_d0362666_18410028.jpg
糸目。






はい。

満足しました。









父ちゃん疲れて、

さんぽ行かないって。




ごめんしてね。










今日も、

一日が無事に終わりそうです。




ありがとうございました。




またあした。








∞ つづく ∞











にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2017-07-31 21:51 | わんこと庭と心のはなし。 | Comments(2)

魔法。




今朝。

四時過ぎに
目覚め、

眠いのに
眠れなくなりました。

いわゆる
早朝覚醒です。

ここのところ、
こんな感じ。

困ってます。

睡眠。
大事ですね。

一日の疲れが
リセットできなくて...。

どんどん、
いらぬ持ち越しを
してます。




...やれやれ...


と、
起き上がり、

早すぎる
朝のスタートです。



少し
外が明るくなってきたので、
雨戸を
あけると...。


!!

清涼感のある、
素晴らしいばらの香り!


それと。

ー ブン.ブン.ブン -

多くの
ハナアブの羽音。



もう
慌てて、
色んなこと、
ひとまず
ほったらかして、
庭へ...。







魔法。_d0362666_16512610.jpg
つるばら
野守。
満開です。




魔法。_d0362666_16504970.jpg
に、

可愛いハナアブ。

十匹くらいは
いるかしら。

コロンとしてます。

わが家では、
彼らのことを
愛情込めて、

...のんちゃん...

と、呼んでます。

丸っこい
シルエットが、

わが愛犬
のん
に、似ているからです。






魔法。_d0362666_18034766.jpg
その、
のん。







魔法。_d0362666_16502007.jpg
青葉の
ギボウシが、
えらく
大きくなっていて。

びっくり!


魔法。_d0362666_16491046.jpg
魔法。_d0362666_16484501.jpg
様々な、
瑞々しい葉。




魔法。_d0362666_16495876.jpg
あじさい
アナベル。
繊細な蕾です。



こうやって、
長く庭にいると、

目の前の景色と
リンクしつつ、

大好きな、
バーネット
「秘密の花園」の
中の
一編を
思い出したりします。



例えば。


......................


かんしゃく持ちで、
自分は病気で
近いうちに死ぬんだ、

と、
思い込んでいる
コリン
が、

主人公メアリたちと、
荒れ果てた庭の
再生に、
加わるように
なって、
変わっていく後半。



コリンの
言葉の一部です。



.................




「ぼく、毎日あの花園へ行けば、
きっと偏屈でなくなると思う。
あの庭には、魔法がかかってるもの。
ーーもちろん、いい魔法だけど。
ぼく、絶対そう思う。」
「たとえ、本物の魔法でないとしても、
そのつもりになればいいんだ、
あの庭には何かがある。
何かがあるよ!」

「...この世界にはたくさんの
魔法があるにちがいない。」
「でも、みんな、魔法がどういうものなのか、
どうやったら魔法を起こせるのか、
わかっていないんだ。
たぶん、魔法の第一歩は、
[[きっといいことが起こる]]
と口に出して言ってみることだと思うんだ。
実際にそういうことが起こるまで。
ぼくは、それを実験してみようと思う。」

「太陽が輝く、太陽が輝くーーそれは魔法。
花が育つ、根が動くーーそれは魔法。
生きているーーそれは魔法。
強くなるーーそれは魔法。
魔法はぼくの中にある、魔法はぼくの中にあるーー
ぼくの中にある、ぼくの中にある。
魔法はぼくらの中にある。...」



.................






おや!?
魔法。_d0362666_16493656.jpg
足元に、
イチゴ!?



わが庭には、
自然交配で
いろんなイチゴが、
あります。

ヘビイチゴにしては
大きいし、
以前植えた
ノイチゴでもない。


食べてみると、
全く味がしなかった。


たしか、
花は黄色くて大きめ。







魔法。_d0362666_16480139.jpg
ミモザ。
可愛い実を
つけています。



早春には、
魔法。_d0362666_17455740.jpg

素晴らしい花と、
バニラとハチミツを
混ぜたような、
極上の
甘い甘い香り。



枝を折って、
ご近所さんにさしあげたり。


魔法。_d0362666_17473761.jpg

リースをつくって、
大切なかたに
プレゼントしたり。




魔法。_d0362666_16474130.jpg
今。
剪定シーズンです。
夏、
花芽がつく前に
早くやらなくちゃ。





魔法。_d0362666_16471623.jpg
オールドローズ
シヤルル ド ミル。
真面目な花型ですね。



...



しかししかし...。


さすがに眠くて。




朝食前に、
濃ーい
コーヒーを
たっぷり飲みました。

魔法。_d0362666_16515253.jpg
ここにも、
おわりのない
植物模様が...。



ほんと。
好きです。




.......





魔法。_d0362666_18071358.jpg
魔法。_d0362666_18043936.jpg
朝から、
のん 
は、
おやすみです。









魔法。_d0362666_18135872.jpg

母ちゃん。
終わった?

















                           にほんブログ村
by mimanon | 2017-05-24 21:42 | わんこと庭と心のはなし。 | Comments(0)

時間どろぼう。

いけない!いけない!

時間どろぼう。_d0362666_13135636.jpg



ふだん、ほったらかしの私でも、
さすがに、鉢物たちには
水やりをします。

今日は暑いですね。
三日ぶりの水やりです。

手前の鉢ばらは、
もはや瀕死の状態...。
ごめんね。


...以上は南の庭。

つるばらメイクイーンの
シャワーをつたって、

時間どろぼう。_d0362666_13435145.jpg


北にまわると、


時間どろぼう。_d0362666_13522689.jpg

涼やかに、
木陰でひっそり、
純白の
ホタルブクロが、
咲き始めました。


このかた。
植えたつもりがないのです。

昨年。
古土の入った小さな鉢から、
いつの間にか育って咲いて。

この早春。
一回り大きな鉢に植え替えたら、
ぐんぐん育ち。

今。
鈴なりに、
蕾をつけています。

いったい
どこから来たのか?
謎です。
これも偶然。

...

...!!


そうそう。
大事なお話です。

ミヒャエル・エンデの
「モモ」。

時間どろぼう。_d0362666_15500110.jpg


...なになに!?母ちゃんそれ美味しいの??...





多くの方、
ご存知ですよね。

ご存知でない方で、
私のような病気の方。
ぜひ、
私と一緒に
今一度、
聞いて欲しい
言葉があるのです。


私のような病気と、
長年付き合ってまいりますと、
よく陥りちな状況。

「物事に圧倒される」

ということ。

病気の症状からか、
身のまわりの物事全般において、
優先順位が付けられず、
全ての優先順位が
横並びになり、
まさに、
多くのやるべきことに、
圧倒されます。

それでも、
頑張って取り組もうとします。
が。
結果として空回りとなり、
何事にも
まともに取り組めないまま、
ただただ時間が過ぎる。

そして、
悪循環に陥ります。
それはとても苦しいこと。

そんな時の処方箋。

先程の「モモ」に登場する、
主人公モモの親友。
道路掃除夫のベッポおじいさんの
言葉です。

本来が児童書なので、
優しくて分かり易い。


...................

「なあ、モモ、」

「とっても長い道路をうけもつことがあるんだ。
おっそろしく長くて、
これじゃとてもやりきれない、
こう思ってしまう。」

「そこでせかせかと働きだす。
どんどんスピードをあげてゆく。
ときどき目をあげて見るんだが、
いつ見てものこりの道路はちっともへっていない。
だからもっとすごいいきおいで働きまくる。
心配でたまらないんだ。
そしてしまいには息がきれて、
動けなくなってしまう。
道路はまだのこっているのにな。
こういうやり方は、
いかんのだ。」

「いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、
わかるかな?
つぎの一歩のことだけ、
つぎのひと呼吸(いき)のことだけ、
つぎのひと掃きのことだけを考えるんだ。
いつもただつぎのことだけをな。」

「するとたのしくなってくる。
これがだいじなんだな、
たのしければ、
仕事がうまくはかどる。
こういうふうにやらにゃあだめなんだ。」

「ひょっと気がついたときには、
一歩一歩すすんできた道路がぜんぶおわっとる。
どうやってやりとげたかは、
じぶんでもわからんし、
息もきれてない。」

「これがだいじなんだ。」

.....................



病気の症状で苦しいとき。
好きでやってる庭仕事とはいえ、
途方もない作業量に圧倒された時。
他、ざまな場面で、
私はベッポおじいさんになります。

本当に楽しくなるし、
いつの間にか出来てます。
なんと。
疲れもさほど残りません。
達成感や
清々しささえあります。



困った状況において、
進む方向を
優しく教えてくれる。
そんな先人たちのチカラに、
今日も感謝です。




時間どろぼう。_d0362666_14332107.jpg


母ちゃん...。
みかん、
お話が長くて疲れたよ。












                           
by mimanon | 2017-05-20 16:43 | わんこと庭と心のはなし。 | Comments(0)