カテゴリ:大切な人たち。( 12 )








*** きょうのできごと ***









早朝




朝焼けの空


d0362666_20421016.jpg


Zさんに起こして貰いました







今日は父を病院へ連れて行く日




介護認定の区分変更に必要な

医師の意見書をお願いしに行く為と


先日動けなくなり

救急搬送された原因の

腰の痛みを診て頂く為に...







病院は朝一番の予約の上に

いつも昼前まで眠っている父を起こして

自力で動けない父を車椅子に乗せてから

(トイレや居間へは這って行ってる)

介護タクシーへ...なので

力もいるし早めに実家へ行かないとで

Zさんも一緒に、、です






「行きたくない!もう病院は嫌や!」


なかなか思う様にいかず

予定よりかなり遅れて出発







ここから日暮れまで

私なりの闘いがスタートしました^^;







充電できなくなったスマホは

新品の交換機が本日届くのですが

到底間に合わず

ポータブル充電器で

ほんの少しずつ充電しながら綱渡り



ケアマネさんや介護タクシーさんとの

やり取りがあるからです




d0362666_20425159.jpg




脳梗塞で長年通院中の

脳神経内科の主治医の先生に

意見書をお願いするつもりが


先日急に動けなくなった原因が

腰の痛みなので

整形外科の先生に

意見書をお願いする流れになりました





先日他病院の

救急外来でのCT検査では

『グシヤッとした骨折はないが

何故痛いかは分からない』

...で終わったので

再びCT検査で詳細に診て貰う事に







結果やはり

第一頚椎が骨折していました



今回の骨折では

神経を圧迫しておらずで幸いでした




急遽、型取りをして

コルセットを作って貰う事になりました



できてくる迄は痛くて辛いので

痛み止め薬でコントロール







途中からケアマネさんも来てくださって

これ迄の報告と色々相談にお互いの要望


あと様々色々諸々etc

(;;๑_๑)🌀🌀🌀




ここんとこ疲労困憊気味の上

もう脳みその容量軽くオーバー💧


途中から目の前がクラクラ~







そして最後に



本日の結果や先生達のお話や

2つの科のこれからの通院の事や


今日ケアマネさんと決めた

ヘルパーさんの介護追加の事や内容や


介護ベッドを置く為に

一部屋空ける事を急ぐ事や

(これはケアマネさんから弟に

催促済みですがなかなか始めず..

しかし「全部一人でやる!」

と言っているので頭を抱えていたら

Zさんが「手伝うよ!」と

言ってくれました

後は弟が受け入れるかどうか💧)


介護タクシーの利用の仕方


他諸々...



以上を分かり易くまとめて書き出して

弟に引き継がないといけない






下書きをしてから清書して

弟とケアマネさんと姉の分を作り

それぞれに渡す事にしました


これにとても時間がかかりました








さて薬も受け取り

介護タクシーに来て貰い帰宅です





ここから私にとっては

最も大きな仕事が待っています


弟に引き継ぐ事です







母の看護の時以来

自分でも感じてましたが


先日父の言うことに

弟にとっても嫌われている私は

弟と話すと何かと一方的に

責められたりするので断絶状態です




恐怖と緊張とストレスで

お腹がキリキリ痛み出しました







実家に到着すると

午後3時頃(!)起床する弟が待っていました


(父が動けなくなってから

午前6時頃いったん起きて

父のやってきた家事を少し済まし

また眠るとの事)







弟への直接の引き継ぎは

私がまとめ書いた資料を元に

Zさんが直接説明してくれました





その間も色々手続きや雑事

引き継きの追加

途中で帰られたケアマネさんへの報告

他...






全て終わる頃にはもう日暮れ前






Zさんがこの後すぐお通夜に出席の為

慌てて帰りました







これで一通り父の事は形式上は

弟に引き継いだ形となりました




後は姉にも

以上の事を伝えないと、、、です








こういう事は多少違えど

何処のお家でもありますよね


もっともっと沢山沢山

大変なお家がありますよね


本当に心的身体的に大変ですね






例え引き継いだとはいえ

今後どうなる事かなんて分からないし

私にとって父は父なので

色んな形で最後まで

関わっていくのでしょうね






父は度々

「申し訳ない」と言いますので


「当たり前の事やで気にせんとな

お母ちゃんもそうやったし

皆そうやったし

誰もが行く道やし

当然私も皆も行く道やし...

でもそうは言うても思うやろけどなぁ」


言うのが今の私の精一杯




先を行く先輩の方々を思いつつ

進んで行きたいものです








そうそう!


帰って来てポストを見たら

宅配さんの不在票


交換の新品のスマホが届きました





明日初期設定します


何とか残ってるバッテリーで綴りました







明日は朝からみかんトリミングです



みかんの病気の対応等も

明日から当初の予定通り

できる様になりたいものです







とりあえず今日のところは

今持っている自分の力を

全て絞りきったので早く休みます







今日も長々と

ここ迄おつきあいくださいました方

誠にありがとうございました





何かほんの少しでも

参考になる事がありましたなら

幸いです







おやすみなさい


またあした



(๑- -๑)"








***





















ご覧くださいまして

まことにありがとうございました


_(*- ᎑ -*)_











∞ つづく ∞

















にほんブログ村


にほんブログ村



by mimanon | 2019-02-25 23:09 | 大切な人たち。 | Comments(3)

2/21(木) 覚悟








今日


父退院




幸い骨折はなかったのですが

痛みの原因はまだ何か分からない


救急外来なのでそこまで



後日他の病院へ行かないと...








これから在宅介護が始まります




私はキーパーソンを

弟に代えて貰いました






今回父を救急搬送した事に

弟が激怒したからと

それまでの様々事から総合的な判断です







昨夜は弟から


「何でもないのに

なんで救急車呼んだんや!?

あんたが呼んだんか!?

朝までお父ちゃん普通やったのに

何でこんな事になったんや!?」


...と罵られ

言われてる事は全く的外れだし

(誰が見ても酷い状態の父)

ケアマネージャーさんが

朝見た父の状態に驚いて

私に「すぐに救急車を!」と

言ってきた経緯などを話しても

「何でや!?あんたが呼んだんか!?」

の繰り返し


聞く耳なし...







父曰く


「M(私)とあいつ(弟)は合わへんのや

お姉ちゃんはそうでもないけど...

あいつは俺の言う事しか聞かへん

あいつは俺に執着しとる

(この関係性じたい「異常」と

ケアマネさん、私も同感、、)


云々...




(ちなみに弟は所謂引きこもりで

無職昼夜逆転の生活

父以外とはまともに

コミュニケーション取れず)






私「要するにあの子(弟)は

私が嫌いなんやな?

こっちはそんな気はないけど..

お母ちゃんの時から

私が立ち回っとんの嫌がっとったでな

自分のやりたい様にできひんで..



父「そうや(嫌いなんや)

仲良くして欲しいんやけどなあ」






ここで腹が決まりました


姉も側で聞いてくれていたので

丁度よかった




私「私にそんな気がなくても

あの子は私を嫌っとる

そしたらこのままの流れでは

何もよくならん

あの子と会えば衝突が起こって

それを見るお父ちゃんが悲しむだけや

そやで私は今日から離脱します

あの子とお姉ちゃんに

全て代わって貰うわな」






その後すぐ病院の一室をお借りして

病院の相談員さんとケアマネさんと

看護師さんと姉とZさんと私で

しばらく話し合い





弟をキーパーソンにし

私のやってきた事全てを代わって貰う


姉はそれに協力する


おおまかにそういう形





他たくさん色んな事がありましたが

ここに書き出すチカラなし


でも覚え書きとしては

これで充分かな...







介護タクシーで帰る事になり

私が父の側に付き添い

皆はそれぞれの車で実家へ向かいました







実家に到着してすぐ

皆に(Zさんも)お任せして場を離れました






しかしすぐに...


「もしかしたらお父ちゃんと会えるのは

これで最後になるかも...」


父に声かけしようと

いったん引き返したのですが

弟が出てきたのでまた離れました







近くの川の堤防で皆を待ちます


d0362666_19225568.jpg


幼い頃から眺めた懐かしい景色








ゴールデンの“はる”との散歩道だったな


d0362666_19241159.jpg


そのまま寝転んで




しばらく


真上の空を眺めていました


d0362666_19250440.jpg


綺麗な青空が今の心に染みます








やがて陽も傾いてきて


d0362666_19271440.jpg


身体が冷えきってしまいました







それからZさんの車の中で待つ間


「今後実家に入る事はできない

父に会う事はできない

介護に関わる事はできない

最悪死にめに会えない

通夜葬式も行けない」


腹を決めていく

また

覚悟の作業を始めました






よく母が晩年何度も


「今後お父ちゃんに何かあっても

あんたはお父ちゃんの事はせんと逃げな!

あんたの事やでようやってくれるやろ

そやけどあんたがやったら

あの子は益々なんもせんようになる

あんたは大変な事になる

お父ちゃんは可哀想やけど

あんたは逃げな!逃げるが勝ち!」




しかし


私「お母ちゃんに言われて

いっぱい考えたけど

お父ちゃんはやっぱり親やで

私にはそれはできひんわ

お母ちゃんごめんな

せっかく言うてくれとんのに」



最後までこんな会話を繰り返しました







今になってやっと

その言葉を繰り返した母の気持ちが

分かるようになりました





母の身をもった経験や苦労から出た助言


私にまで同じ苦労をさせたくない





それと母は本当は

自分が逃げたかったのだ、、とも



自分が逃げられなかったから

最後に私にその気持ちを投影させたとも




家族や身内の中で

嫁いでから亡くなる寸前まで

心をすり減らし生きてきたから





「お母ちゃん

これでよかったんやよな

『逃げるが勝ち』

上手いこと言うなあ、お母ちゃん

本当はお母ちゃんが

逃げたかったんやろ?な?

お母ちゃんえらかったなあ

お母ちゃんの代わりに

逃げたるでな...


車の中で川面を見ながら

声を出して呟きました





そう思い呟く事で

自分の気持ちをおさめる

おさめられる






だから


そういう言葉を

残してくれた母に感謝です








話し合いを済ませて

実家から出てきた姉に

母の事から今に至るまで全てを伝え


「今後私には

お父ちゃんの介護情報は

入ってこなくなったで

何かあったら弟かケアマネさんに

直接聞いてな」


伝えました





しかしそこまできて

残りの仕事がある事に気づきました


要支援から要介護の区分変更の為

主治医の意見書が必要




来週父と共に

いつもの病院へ行く方向です




これが本当の最後になるか?

通院の付き添いを弟に引き継げるか?

引き継げなかったら在宅のうちは

通院は今後も私の役目になるか?



これからの話ですね








***

















つまらない話に

おつきあいくださいまして

まことにありがとうございました






おやすみなさい


またあした


_(*- ᎑ -*)_











∞ つづく ∞

















にほんブログ村


にほんブログ村



by mimanon | 2019-02-21 20:26 | 大切な人たち。








*** きのうのできごと ***


















午前中。




実家で、

父の介護保険関係の打ち合わせ。







担当のケアマネージャーさんと、

包括センターの担当者さんと、

訪問介護事業所の担当者さんと、

父とキーパーソンの私とで、

打ち合わせです。










(皆さんが帰られて、

Zさんの迎えを待つ)

d0362666_12525597.jpg

(どんどん明るみになってくる

北海道の厳しい状況。

テレビの画面を通して、

父と無言で食い入る様に観る様子)










まず、

先日の市の生活支援会議で、


父の介護保険サービス利用の

最終的な認定がおり、


ケアプランも通り、


そのケアプランの確認と

それに伴う書類の作成。






そして、

明日から早速

買い物支援に来てくださる、

ヘルパーさんへの依頼の

具体的な内容の打ち合わせ等々...。








皆さんと、

世間話等をはさみながら、

和気あいあいと約一時間程で解散。









そして

Zさんの車で実家を後にして、


午後からは、

母が最期まで入院していた病院へ出発。








今日は『平成三十年解剖慰霊祭』。



d0362666_17580228.jpg




一昨年度の間に、

病院でお亡くなりになられた、

母を含めた12名の方々の慰霊祭です。









当時、

母が亡くなってすぐ、

病院の一室をお借りして、


父姉弟私で、


今後の医療技術の

向上発展の為の母の解剖について、


“母だったらどうしたいと思っただろう”


等々、


様々な観点から皆で真剣に考え、


最後は全員一致で

母の解剖に同意しました。










慰霊祭は、


母を含めた

12名のご遺族の方々と、


病院の医療従事者の方々で

執り行われました。





父が出席不可能なので

私が代理に参列しました。




d0362666_18560447.jpg







慰霊祭が終了したので、

母の主治医だったの先生に

挨拶に行こうとしていましたら、

逆にすぐに先生に呼び止められました。


恐縮しつつ色々と立ち話。




まず、

感謝の気持ちをお伝えしました。






そして、


お骨になった母を、

故郷の山へ

連れていった話もしましたら、


「ああ。そんな事も言うてみえたなぁ」


と、

懐かしむ様に

遠くを見る目をされました。




日々

沢山の患者さんを診る先生であって、

母の話す細やかな事柄を

覚えていてくださった。



決して社交辞令ではなく、

そういう目に私には見えました。



有難い...








それと、


主治医の先生は異なりますが、


今こちらの病院で

お世話になっている父について、


「今後とも宜しくお願いいたします」


と、伝えました。

(病院の副院長でもいらっしゃるので)







最後に先生。


「お父さんがみえとるんやったら、

また何処かで会うかもしれんなあ


「でもな。。。。

病気で会うのだけはやめとこな」










私はつくづく、



母の時も、

今の父の介護保険関係でも、



また、

人によってかなり意識が違うかも💧

...ではありますが💧

“はる”や“のん”の時も、、、


他、




「関わる人々に恵まれているなぁ」


と、

思っています。





感謝です。











さて。




Zさんに迎えの依頼をし、

d0362666_17593177.jpg

祭壇にお供えしてあった、

沢山のお花を抱えて病院を後にしました。






さあ。


来月の義父の命日まで、

暫くは一段落といたしましょう。



***






















ここまで、


しんみりとした話に

お付き合いくださいました皆様。



まことにありがとうございました。


_(*- ᎑ -*)_












∞ つづく ∞

















にほんブログ村


にほんブログ村



by mimanon | 2018-09-07 19:49 | 大切な人たち。

*謹賀新年* ( 1 )









d0362666_18324089.jpg

(先程の外宮さん)










旧年中は、

大変お世話になりありがとうございました。







本年も、

何卒宜しくお願い申し上げます。



m(*_ _)m












mimanon





のん



みかん



おー







*


*


*















∞ ( 2 )に、つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2018-01-01 18:55 | 大切な人たち。 | Comments(8)

大切な大切なみんな。








おはようございます。







いいお天気♪

d0362666_07390270.jpg

やっぱりお日さまは

気持ちいい~!






パッチリ目が覚めます。

d0362666_07391914.jpg

しかし。



ずいぶんと

冷え込んできました。



そんな寒い朝です。







それでも

秋冬好きの私には、

なんだかワクワクの季節。











今日は一日中、

お出かけの日。






父の病院と自分の病院。










さて。



どんな一日になるだろう?


今日もいい日だよ。きっと。








のんびり

自分のペースで頑張る~♪


(*´∀`*)♬✧*。















+++












のんちゃん。

d0362666_08100564.jpg

おはよう。








あ。

d0362666_08102533.jpg

起きました。








「ふぁ~💨」

d0362666_08104180.jpg

あくび。









じゃあ。

d0362666_08284873.jpg

お着替え致しましょう。







はい。

d0362666_08290265.jpg

終了。





元気な色やねぇ。













+++










朝早く、

Zさんお出かけ。





実家のお義母さんの

お手伝いに。








みかん。

d0362666_16343537.jpg

お見送り。







もうすぐ

d0362666_16350676.jpg

出てくるからね。







なかなか

d0362666_16352169.jpg

来ないね。








まだかな。

d0362666_16353496.jpg

まだかな。









来た来た!

d0362666_16355119.jpg

「とうちゃん!」








今度は車で

d0362666_16360953.jpg

登場するからね。








来た来た。

d0362666_16362305.jpg

今日は...、



バス.....




ゴーー!

ゴーーーー!!

d0362666_16363800.jpg

「イッテラッサイ...」

ゴーーーーーー!!






今日はバスだったね💦

d0362666_16365450.jpg

あ...。




騒がしくて、


ミィちゃんの声...、


聞こえんだね。














+++












午前10時30分の空。

d0362666_10320140.jpg

温かいお日さまの光。







気持ちがすーっと

d0362666_10324304.jpg

楽になる。







お日さまは

d0362666_10325979.jpg

偉大なり。














+++












みかん。

d0362666_21291248.jpg

おやつです。









豆乳ヨーグルトと

d0362666_21293919.jpg

蓮台寺柿。









「なに?」

d0362666_21300086.jpg

「なんかちがう」







「いつもとちがう!」

d0362666_21305669.jpg

「なんなん?」







「はよちょうだい」

d0362666_21312513.jpg

ちょっと待ってなー。








「なにこれ?」

d0362666_21315828.jpg

「ええによいする」








ぺろ...。

d0362666_21321124.jpg

ぺろり。









「おいしかったー」

d0362666_21334494.jpg

よかったね。











ミィちゃん。

d0362666_21342009.jpg

「なに?」








まだあるよ。

d0362666_21345523.jpg

久しぶりに胡桃です。








「ええによいやなー」

d0362666_21352762.jpg

美味しいよ。








どうぞー。

d0362666_21354354.jpg

「はふ」








「はがはが」

d0362666_21370083.jpg

「はがはが」








わっ!

d0362666_21371519.jpg

出してきた。








うわっ!

d0362666_21380636.jpg

凄い顔。









「これ えらいわ!」

d0362666_21384580.jpg

ごめんごめん。








でも、

美味しかったやろ?

d0362666_21393921.jpg

「♡♪」







今日のおやつ

終了~~。















+++












午後一番に

実家の父を迎えに。




三人で

市民病院へ行くのです。






二度、脳梗塞を患った、

父の定期的な診察の為に...。







Zさんの車で、


実家に向かいます。

d0362666_21094183.jpg

信号待ち中のZさん。






一見強面ですが、


小動物には

弱~いおじさんです。










途中。

d0362666_20420825.jpg

神宮徴古館前。






ずいぶん紅葉が

綺麗になってきました。










あー!



この先の紅葉が

一等綺麗なのに、

d0362666_20435015.jpg

肝心のところで、

カメラの調子が悪くなり



ガッカリです。









病院到着。


父を待ちます。









病院終わって

近くのレストラン。





父にお茶をご馳走になり

色々話を聞きました。







診察の結果は、

ボチボチだそうです。

d0362666_17284825.jpg

なんだかとっても

小さくなった父の背中...。




まだまだ元気でいてね。








ご馳走してくれて


ありがとう。














Zさんの車で、

実家父をへ送ります。












そして、


いったん帰ってのんの様子を

確認してから、



今度は私の病院です。









駐車場から見上げた、

青い空と銀杏の木。

d0362666_17332618.jpg

左側の桜は

ずいぶん葉っぱが落ちましたが、



銀杏は

まだまだ頑張っていますね。















+++











病院。



診察待ち。

d0362666_17362486.jpg

今日は

新患さんがみえるのかな?



だいぶん待ちました。







やっと順番が
回って来ました。









まだまだ

理由も原因もなく、



漠然と憂鬱になったり

悲しくなったり

不安になったりするので、



新薬を増量。








でも。



「以前全く分からなかった、

先生が仰るところの“楽”が、


自分の中にうっすらと、

現れる様になりました。」




と、

先生に伝えると、



ホッとした表情をされました。








これで

もうちょっと楽になるかな?





先生ありがとう。














+++












病院を出て

d0362666_17423537.jpg

見上げた空。







明日から

下り坂らしいです。








よく見ておこう。

d0362666_17403426.jpg

優しく染まる空を。


**















+++












今日も一日


ありがとうございました。



(*˘︶˘人)✲゚*♡ 











どうか明日も


皆さまにとりまして





幸福な


一日でありますように...



(๑´∀`๑)








おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2017-11-21 22:05 | 大切な人たち。 | Comments(0)

わんこのチカラ。










おはようございます。









かなり冷え込んできました。








なのに、

まだ、


パジャマ半袖...。









衣替え出来ていないの...。




風邪ひくぞ!









そんな(どんな?)


いちんちのスタートです。









今日は二軒、

病院を梯子の日。











fight~ (๑•̀∀•́ฅ ✧















+++











わんこごはんです。






のん。



ここんとこ、

d0362666_22010866.jpg

なにがあっても、





食欲だけは落ちません。

d0362666_22054881.jpg

ぺろり。





ありがたい。














かたや、


みかん。

d0362666_22024881.jpg

「ごはん~♪」









定位置。

d0362666_22064130.jpg

「いざ!」









順調に。

d0362666_22161698.jpg

「もっさもっさ」









早い早い。

d0362666_22164359.jpg

ぺろっ。













+++












みかん。

d0362666_22420442.jpg

おやつです。









豆乳ヨーグルトと

d0362666_22422756.jpg

冷凍バナナ。









自主的「待て」中。

d0362666_22431628.jpg

気になる。









この組み合わせは、

ホントに体が冷えます。



でも美味しい...。





もう暫く続けるかな。

d0362666_22445376.jpg

どうぞ。









「♪」

d0362666_22453266.jpg

ぺろり。








「く~」

d0362666_22461085.jpg

美味しかったね。










「わーい」

d0362666_22465448.jpg

「わーい」







「うひょ~」

d0362666_22475001.jpg

よっぽど美味しくって、

嬉しかったのね。










そして意味も無く、

d0362666_22484701.jpg

父ちゃんの枕を舐める。









これは、


謎。














+++











私。





午後から、

かかりつけの病院を

二軒梯子。





買いもんもします。









今日は冷たい曇りの日。









まず一軒目。




「疼痛性筋痙攣」で

診て頂いている病院。





診察前に

はかってもらった血圧が 、



82 / 53



ひ、ひ、ひ、低!!









看護師さん。


「ちょっと低かったですね~。」






え。




これ、

大丈夫なの?










そしていつものお薬を

処方して頂いて、



次の病院へ。








次はいつもの病院です。







主治医の先生に、


毎日眠れない事や、

強い不安がある事を報告。






とりあえず、

眠薬の調整と、



ここのところの

不安や緊張の対処として、

抗不安薬を追加処方。






新薬は、

そちらが落ち着いてから検討。



一個一個順番に...。







そうしないと、


何が効いてるか

わからなくなるもんね。














+++











帰りに、


父の様子を見に...。









そして、


あまりにも

憔悴しきった父の姿に、



大きな衝撃を受けました。









゛これはまずい。゛


反射的に思いました。






出来ることなら、

時間を巻き戻したい。









そう思うほど、


一昨日の台風の影響が、




思いのほか

大きかったことを、


父に会って初めて知りました。











昨日父が電話で私に、




「大丈夫やでな。」




と、

言ったのは、




心配かけまいとであった事に

気づきました。









実際、

近所回りを見ても、

どこもかしこも泥だらけ。




汚泥のにおい。










場所によっては、


太ももあたりまで

水が来たとのこと。










実家の

居間より一段低い洗濯場は

すっかり浸水して、




当日夜遅くに

父一人で洗ったのだ。







九十歳近い父が、

たった一人で...。












ただでさえ。



昨年父よりも五つ若かった

母が居なくなって、





心身共に憔悴気味で、

一回り以上小さくなった父。











知らなかったとは言え、



なんとも可哀想で

申し訳ない事をしました。








胸が締め付けられる程、

辛く悲しくなりました。











この年代の人は、

たとえ家族であっても、


迷惑かけまいと遠慮がちになる。



...と言うことは知っていたのに。








気づいてあげられなかった。


...と言う後悔。













ごめんね。




お父ちゃん。

















+++










ふさぎこんで帰って来て、


糸目のみかん。







「どおしたん?」

「なんかあったん?」

d0362666_21243253.jpg

「だいじょうぶ...?」









そんな事

言ってるわけないけれど、






のんとみかんの存在は、




私の中では、


“とっても大きいんだなぁ。”





と、

さっそく、



癒して頂いた

いちんちの終わりでした。

d0362666_23263545.jpg


***

















+++











今日も一日


ありがとうございました。



(*˘︶˘人)✲゚*♡ 











どうか明日も


皆さまにとりまして





幸福な


一日でありますように...



(๑´∀`๑)








おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2017-10-24 23:58 | 大切な人たち。 | Comments(4)

今日は長~いいちんち。









おはようございます








朝から曇り空。


これから、

よくなるそうです。








リビングに降りると、

d0362666_08494210.jpg

のん。


半目ですが

よく眠っています。







後ろで、

d0362666_08442785.jpg

みかんも
起きて出てきました。





おはよう!










+++








私。



今日はいつも通り、

お出かけの日。





いつもの病院と

買いもん他いろいろ。





忙しい一日になるかな?

どうかな?











+++









いろいろ、


朝の仕事を

ばたばたしていて、


ふと見ると、







みかん。



やっぱり
私を観察している、

d0362666_09241814.jpg

父ちゃんの上。







でも、

d0362666_09245125.jpg

「ねむ...」







「ふあぁぁ...

d0362666_09254865.jpg

ぁぁぁ...

d0362666_09260765.jpg

...ぁぁ。」







「ふむ 💨」

d0362666_09273237.jpg

眠い顔でまた見る。











+++










午前10時20分。



主人お出かけ。






動物病院に私のお使い。

d0362666_10345379.jpg

のんのお薬と、

ふたりのフードを買いに
行きます。







みかんお見送り。

d0362666_15432965.jpg

雨?








まだかな?

d0362666_10371714.jpg

来た来た。







折り返し、

車でぶぅ~ん💨

d0362666_10363031.jpg

「いってらっさい」







行っちゃった。

d0362666_10383152.jpg

すぐ帰って来るのに...。



大げさな

お見送りでした。











+++









午前11時15分。




雲の間に、

d0362666_11293688.jpg

なんだか久しぶりの

青空が...。







東の方面は、

d0362666_11295892.jpg

綺麗に

晴れ上がってきました。




とても嬉しい♪






洗濯物も助かります。












+++










わんこごはんです。





のん。

d0362666_20140566.jpg

ぺろり。









みかん。

d0362666_20152519.jpg

綺麗にぺろり。












+++










みかん。




食後のおやつです。

d0362666_20443001.jpg

黒豆納豆と






お豆腐。

d0362666_20451494.jpg

待て~。








どーぞ。

d0362666_20454304.jpg

「♪」








お。


浮き足立ってきました。

d0362666_20464867.jpg

お豆から...。








むむ( ゚ε゚;)っ。

d0362666_20480900.jpg

お猿さんみたいだな。








ごちそうさん。

d0362666_20491308.jpg

でも...。






今日は...、




みかんの期待通り

続くのだ!







何故なら。





今日は
私がお出かけの日で、





3時のおやつは無理!

d0362666_20521410.jpg

...だから~。








よかったねぇ。

d0362666_20532606.jpg

豆乳ヨーグルトと





冷凍バナナ。

d0362666_20540282.jpg

どーぞ。









「♪」

d0362666_20543105.jpg

美味しかったみたいです。









おわり!

d0362666_20551216.jpg

ん?








んん?

d0362666_20554299.jpg

もうおわり!








えー 💨

d0362666_20560548.jpg

またあしたね~ 💦












+++









午後2時頃。

d0362666_19421779.jpg

洗濯物を取り込みに

2階へ。






いつの間にか、

d0362666_19434917.jpg

すっかり

いいお天気に。

d0362666_19445171.jpg

よく乾きました。












+++









午後遅く。



私の病院行きです。







外へ出て空を見たら、


飛行機雲?

d0362666_19512337.jpg

駐車場へ向かう道を、


つーっと

横断しています。






ミモザの上の雲が

d0362666_19521188.jpg

綺麗。













+++











今日も順調に、

新薬が増えました。






まだ、


主治医の先生の

仰るところの、



“ 楽 ”



...には遠く、






今のところ、

副作用も出ていないので、


75mgから100mgに。






「 100mg前後で、

効いてくる方が多いですよ。」


と、

先生。







中途覚醒が酷い話をすると、



「  その内容ではいけませんね。
わかりました。
何とかしましょう。」



と、

眠薬の新薬も少し増量。





従来の眠薬と違い、

依存性がないお薬との事。









急がず慌てず、



先生の指示を

しっかり仰ぎながら、


副作用には充分注意して



前へ進もう。












+++








病院終わって、



帰りに、

実家の父の様子を伺いに...。








だいぶん、

疲れた様子。








O型でおおらかだけど、


性格的に、

割合、

几帳面な父。







先日お墓の事で

あちこち出かけた疲れと、



身内のあちこちへの

気遣いや、



細々とした

身の回りの事と...。






母がやっていた分も、


丁寧に

こなそうとしている。







「  お風呂に入るのが

大変になってきたわ。」



と、

呟く。






なるべくちょくちょく、

様子を見に来よう。











実家の真裏は、




一日に、


数本しか通らない

JR参宮線。






昔からある緑の土手。







私が懐かしい景色を、

ぼや~っと眺めていたら、



後ろから父が、



「  曼珠沙華。

もう終わっとるやろ?

こないだまでいっぱい咲いて

綺麗やった。」





ほんとだ。










丁度。


西の宇治山田駅方面が、

夕陽が落ちる位置。






電車の音を聞きながら、

夕陽を撮っていたら...。







偶然。



二両編成の可愛い電車が、




夕陽の中から、

ガタゴトやって来ました。

d0362666_19230319.jpg

d0362666_19232720.jpg

d0362666_19234997.jpg

d0362666_19240650.jpg

d0362666_19242342.jpg

d0362666_19245014.jpg

d0362666_19251144.jpg

d0362666_19260819.jpg

d0362666_19263344.jpg

d0362666_19265841.jpg

d0362666_19272768.jpg

d0362666_19275964.jpg

d0362666_19282427.jpg

d0362666_19284362.jpg

d0362666_19285935.jpg


東へ、

消えていきました。






なんだか
とっても嬉しくって、


父に見せると軽く驚いて、


「 おお。すごいなあ。
またタイミング良くなあ。」







鉄道ファンの方の気持ちも、


ちょっと
わかった様な、


素敵な時間でした。









最後に

仏壇になむなむして、


実家を後にしました。










実家を出てすぐ、

東の空。

d0362666_18170109.jpg

夕陽を浴びたお月さん。










帰り道。



車窓から、


外宮さんの森に沈んだ夕陽。

d0362666_18120458.jpg

もうすぐ、

うちに到着します。













+++










のん。




腕の処置です。

d0362666_15365166.jpg

昨日より、
状態がマシ...かも。

d0362666_15402993.jpg

今日は元気なピンク色。

d0362666_15404197.jpg

終了。

d0362666_15405824.jpg

のんちゃんお疲れさん!













+++










夜遅く。




主人職場へ向かいます。







いつもの様にみかん。



近所を
くるりとドライブです。

d0362666_19333166.jpg

「ええなあ」








最後にちょっと、

d0362666_19340653.jpg

抱っこして貰って。








うちの前で

降ろして貰います。

d0362666_19355185.jpg

「いってらっさい」






いってらっしゃい。


気をつけて!



**














+++












今日も一日


ありがとうございました。



<(_ _*)>








どうか明日も


皆さまにとりまして


幸福な


一日でありますように...



(о´∀`о)









おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞















にほんブログ村

にほんブログ村


by mimanon | 2017-10-03 22:42 | 大切な人たち。 | Comments(0)

今日は最後に兎と鼠。









おはようございます。








ちょっと雲が多いけど、

d0362666_08182316.jpg

カラッとして、





なんだか、
日射しを、

温かく感じる朝です。

d0362666_08194037.jpg

布団干そっと♪











+++








のんちゃん。


おはよう。

d0362666_08401425.jpg

ぐっすり眠っています。



起こして目薬です。










+++








朝。



主人が帰って来ました。






でもすぐ、

またお出かけ。

d0362666_09593943.jpg

明日、

お義父さんの

一周忌の法要ため、




実家のお義母さんと

打ち合わせ。

d0362666_09582774.jpg

それと、
主人のかかりつけ病院。







みかんお見送り。

d0362666_10014870.jpg

「いってらっさい」











+++








みかんのごはん。

d0362666_10085961.jpg

3日分。






最近、

残さず順調に

食べているので、



ちょっと

まとめて作りました。





暫く

この内容でいこう。










+++








わんこごはんです。




のん。

d0362666_13571006.jpg

ぺろり。







みかん。

d0362666_12202519.jpg

素晴らしい...





食べっぷり!

d0362666_12205408.jpg

ガツガツ。





d0362666_12211528.jpg

モショモショ。





ぺろり。










+++









ミィちゃん。

d0362666_13581818.jpg

いつものおやつだよ。



d0362666_13584411.jpg

黒豆納豆とお豆腐。



d0362666_13591860.jpg

どーぞ。



d0362666_13594903.jpg

「ハガハガァ」




あ~。


納豆が飛んでるー。








「♪」

d0362666_14001632.jpg

おいしかったね♪












+++










午後1時20分。

d0362666_13250119.jpg

実家の父を迎えに、

主人と出かけます。





今日は、

ひと月半に一回の

父の診察日です。








父を病院で降ろして

待ち時間。



病院前にあるレストランで

主人と休憩。







主人はカツカレー。

d0362666_13561214.jpg

私は食後だったので、

ブレンドコーヒーです。




既に食べかけ、

飲みかけです。








ああ。

d0362666_19272559.jpg

今日はいいお天気だなぁ。








暫くして、

診察の終わった父が

やって来ました。






私 「 どうする?

コメダ珈琲店に行こか? 」


父 「 うん。行こかー。 」









父は昔から、

コメダ珈琲店がお気に入り。






今では、

こちらの地域でも

何軒か進出していますが、




私が名古屋で

お勤めしていた当時は、

まだ無くて、




たまに名古屋に

遊びに来た両親と、




三人で

コメダ珈琲店に行くのが、

両親と私の
楽しみでした。





それ以来のお気に入りです。








で。



またもや、

d0362666_19411054.jpg

やって来ました、

コメダ珈琲店。




今日は父と一緒です。








お互いたっぷり珈琲を

注文し、


あれこれお喋りです。








わ~!

d0362666_19414195.jpg

また砂糖を2本、

立て続けに投入してる~。



甘党です。









最後に、

母の想いで話になり、



二人で泣いてました。






「  早くお母ちゃんのとこへ

行きたいわ。」


...と、

父。








まさか、


こんな事に

なるなんてねぇ。



さみしいねぇ。









決して

話をさえぎらず、




ただひたすら、



「 そおやなぁ...。」




と、

父の話を聞くのが、




今の、

これからの、





私の役割。












+++








父を送り届けたら、

今度は動物病院です。

d0362666_19464079.jpg

注文していた、

のんとみかんのフードを

買いにきました。







相変わらず、

いっぱいの人と

わんことにゃんこ。







掲示板にも

相変わらず、

仔猫ちゃんの
里親募集の

お手製の貼り紙が多いなぁ...。






その中に、

d0362666_19471299.jpg

こんな貼り紙も...。






以前、

院長先生が、



病院の敷地内に、

よく仔猫ちゃんを

( 仔犬ちゃんも...

かもしれません )

捨てていく人達がいて、



とても困っていると

聞いていましたが、




今もいるんだな...。









ハッキリ言います。





“ そういう人は、

許せません!! ”







せめて、

捨てるのでなく、




困ったら、

病院のスタッフさんに、

相談してみて欲しい。






飼えなくなると
わかっているのであれば、



まずは、

避妊去勢手術を

選択肢に入れてください。





それが不可能な状況であれば、

産まさない努力を是非...。






それでも

産んでしまって、

里親さんが

見つからなかったら、



ボランティアさんを

紹介して頂いて相談して、



捨てるのではなく、


是非とも、

里親さんをお探しください。







お願い致します。












+++










帰り道。




車窓から、



可愛い雲、

発見(*´▽`*)!








わっかるっかな~。

d0362666_20042435.jpg

こちらは、





d0362666_20053057.jpg

ウサギさん。








そして、

d0362666_20061112.jpg

こちらは、






d0362666_20062864.jpg

ハムスターくん。








主人に見せると、




「  こじつけや~! 」


...だと 💢








見えない人には、

見えないけれど、






見える人には、


見えるんだなぁー。

**













+++












今日も一日


ありがとうございました。



<(_ _*)>








どうか明日も


皆さまにとりまして


幸福な


一日でありますように...



(о´∀`о)









おやすみなさい。


またあした。












∞ つづく ∞













にほんブログ村

にほんブログ村



by mimanon | 2017-09-26 21:04 | 大切な人たち。 | Comments(4)






おはよう。




のん。

d0362666_09383014.jpg
よく眠ってる。





d0362666_09394000.jpg
アメリカンコッカーは、

この大きな足も魅力のひとつ。






d0362666_09435354.jpg






いったい…、
d0362666_09375471.jpg
どんな夢を見てるのか…。






d0362666_09365012.jpg
ごはんの夢かな?









みかんも、
d0362666_13570396.jpg
大きな足に見えるかな?

大きな犬に見えるかな?






d0362666_20355500.jpg
「みえなくていいよー」











今日も、

のんきな朝から始まりましたが、



私にとっては、

大きな節目の日。








11年間、

毎週通い続けた病院の最後の日。









先月6月7日に、

突然、

主治医の先生が病院を閉院すると知って、
驚いてから約2か月半。




戸惑いながら、
とうとう最後の日がきてしまいました。







主治医の先生、
臨床心理士の先生ともに、

以前の病院に
勤務されていた時からなので、

15年くらいお世話になった事になります。






記録魔の私...。


先生方との素晴らしい出来事は、
すべて記録しておきたいくらいですが、

とてもとても膨大過ぎて、
どこにも書ききれません。








15年前。

グッチャグチャでグッダグダだった私。


お二人が15年かけて、
基礎からつくりなおして下さったかも。




その中のほんの少しの出来事は、
先月6月7日の記事に書きましたが...。











なんだか実感がわかなくて、

とりあえず、

先生方と受付の優しいお姉さん方にと、
美味しいお菓子を買っていく事にしました。








少し早い目に家を出て、

゛洋菓子・伊勢銘菓「シラセ」゛さんへ...。

d0362666_20430574.jpg
昔はよく、
ショートケーキやチーズケーキを
買って食べたっけな...。






何かっていうと、
必ずこちらでお世話になっています。

どれもこれも本当に美味しい。


地元の人たちに昔から愛されています。





d0362666_20432332.jpg
伊勢銘菓「神宮スギ」バウムクーヘン。

檜の木箱に入ったものもあります。


上品な甘さ。



伊勢志摩サミットでは、
首脳たちに振る舞われたそうです。









d0362666_06214369.jpg
キラキラ美しい、
果汁果肉たっぷりゼリー。

7種類あって、
見てるとワクワクします。

よく冷やして食べたら美味しいだろなー。








写真を撮り忘れましたが、

先日のお伊勢さん菓子博覧会に、
出品されたチーズケーキ。

味見させて頂きましたが、
かなりリニューアルされていて、

激旨でした。










お礼のお菓子。


受付のお姉さん方には、
d0362666_20490572.jpg
こちらの、
洋菓子と果汁たつぷりのゼリーの詰め合わせを。









先生方には、
d0362666_20492687.jpg
洋菓子と和菓子とゼリーを、

私が選んでいろいろみつくろって、
ギュウギュウに詰め合わせて頂きました。










箱詰めとのしと包装をして頂いている間、

お店の前の美しい鉢植えを拝見。

d0362666_20482912.jpg
まあ、
コキアの素晴らしいこと!...




d0362666_20520464.jpg
...素晴らしいこと!









バシバシ写真を撮っていたら...。


後ろから、
お店から出てきたお客さんのおばちゃんが、

「お姉ちゃん!なに撮っとんの!」

と元気よく声をかけてきました。






そこから長話...。




ちなみに、
コキアの別名はホウキグサ。






以下おばちゃんのお話。





+++

「昔はこの辺のどこの家の庭にもあってな。

枯れたら、こうな、
バンバン地面に叩きつけて種を落として、

何本か紐でくくってホウキにしたもんや。

昔はホウキなんかなかったでな。」

+++







え?



ホウキがなかった時代って...。

いったいいつの時代...。




おばちゃん。

70歳らしい。

なかったのですか?ホウキ。









d0362666_20522335.jpg
これは大きなホウキになるな。










その後ろに、
d0362666_20523926.jpg
軽やかに咲くイソトマ。










しかし、
包装が病院の時間に間に合わず、

私は先に病院へ行き、

カウンセリング中に
主人に病院へ届けて貰う事に...。










病院では、

涙涙と、
いつもと変わらない会話を先生方として、

主人に届けて貰ったお菓子をお渡ししました。









主治医の先生は、

患者さんたちの紹介状を書いたりと
いろいろお忙しく、

しばらくは院内にみえるとのこと。


私も、
もう一度紹介状を頂きに来ることになりました。










実は閉院のお話を聞いてから、

長年お世話になったお礼として、
私に出来ることはいったいなんだろう...

と考えました。







結果。


やっぱり絵しかないな...と思い、

ちょっとずつ用意はしてきたものの間に合わず、


正直に説明させて頂いた上で、
お二人のご住所をお聞きしました。










今日最後のカウンセリングでの、

私の中から出てきた、
印象的な話。





+++++



今まで、

方向も定かでない、
真っ暗闇な宙に浮かんで、

泳ぐように必死で生きてきました。



時折、
穴から顔を出し、
少だけ明るい世界を見ることがあるけれど、

またすぐ暗闇に戻って漂います。




暫くしてまた穴から顔を出し、
まわりを見ると前に出た穴とは、
違う穴で、

前の穴よかは進んでいる。



しかしまた潜る。




潜っている間は、
自分がいったい何処にいるのか
全くわかからない。


穴から顔を出すたびに、
位置をいくらか確認できる程度。




これを何年も何年も、
繰り返しつつ、

少しづつ進んだ穴へやって来た感じ。






しかしここにきて、
初めて、


その暗闇の宙に、


浮かんでいる"開いた扉"が
見えてきました。



扉は、
枠だけの"入り口"を伴っていて、


今私は、
その枠の下の部分をつかんで
ぶら下がっています。



その"入り口"の向こうは、
やはり暗闇の宙しか見えないのですが、


今から這い上がって、
"入り口"へ入ろうとしている…。




そういう映像が、

今、
自分の中に、

しっかりと明確にあります。



+++++





そう、
話終えると先生は、

ゆっくりと、
静かにうなずかれました。





一瞬として、

…もう私がそばに居なくても大丈夫…

という、

先生の聞こえない声が、
聞こえた気がしました。





そうか、

大丈夫なんだ私…。









「先生長い間ありがとうございました。
お陰様でやっと此処まで来れました。」

と、
私が言うと…。





「いえいえ。
それこそ、
貴方が喋って書いて
気づいていったことです。
それに、
今の位置がわかるって、
実はとっても大事な事です。」

と、
ニコッと穏やかな笑顔を返して
くださいました。












そして、

カウンセリングの時間が終わって、


臨床心理士の先生から、


「市展や県展に作品はもう出さないの?」


...と聞かれ、

だいぶんサボっていますが慌てて、



「描きます!出します!」

と約束したように言ってしまいました。






言ってしまったからには頑張らないとな。

だって先生との最後の約束だもの...。







「じゃあ。次はそこで(会場で)会いましょう。」






この言葉が本当に、

臨床心理士の先生からの15年間の最後の言葉。









ありがとうございます。

私頑張ります。

それまでどうかどうかお元気で!










ここからが、
d0362666_21001435.jpg
本当の一歩。













お薬を頂きにいつもの薬局の前。
d0362666_21002954.jpg
ボヤ~とした、

でもどこか、
穏やかな希望を感じる沈みゆく今日の太陽。




気持ち次第で、
見るものは変わって見えるな。















帰ってきて、

主人、
久しぶりの連休で夕食の用意。




後ろで主人、
この間アマゾンで買った西部劇のCDを
聞いている。




...。






そうだ。








昨日作ったトマトお豆カレーシチュー。
d0362666_20200867.jpg
今日は、

西部劇に出てくる豆料理風に
よそってみました。








主人が西部劇が大好きで、
私もよく傍らで見ているのですが。




登場人物がよく、

豆料理をまずそうに食べているんですよねー。




あれ、
なんでかなー?




なんか主人も私も、
以前から気になっていまして...。










「今日はぜひまずそうに食べてみて!」




と、
わけのわからんリクエストを、

今出しながらよそったところです。






やはり西部劇。

食べるのはオッサンでないとね!













***あしたもつづく***
















にほんブログ村



にほんブログ村


by mimanon | 2017-07-25 23:43 | 大切な人たち。 | Comments(0)

母。





今日。

あれからじきに、


テレビで、
とっても悲しい出来事の報道があったので、


暫く、
呆然と過ごしてしまいました。






失礼ながら、

昨年亡くなった母と
ご様子が酷似していたため、

ずっと、

陰ながら
遠い空のした、

応援したり祈ったりさせて頂いていた方の
訃報だったので...。


涙が止まらない。


昨晩から、
その方のいない世界を生きていたのだ。

もう
この世にいないのだ。

二度とブログが更新されることはないのだ。

どういうことだろう。









来月半ば。


大好きだった母の
一周忌を迎えるのですが、



人って、

もしかして、

やっぱり、

最期には、
「不思議な事」を起こせるのだ...


と、
納得した出来事でもありました。







母と私は、

家族の中で唯一
感性が同じ方向を向いていました。



取り分け、

自然や植物に向ける眼差しと
その感性は、

母亡き今も
私の中に生きているようで。



たった今も、

私の目を通して、

母はこの世を見ているとさえ思えます。





母が、
最期に起こした
「不思議な事」は、


まだ暫くは、

心の中に沈め寝かし蓋をしておく
必要があるようで、


どうしても書けません。






母の病室から

持ち帰ってきた荷物にも、


未だ手を付けられずにいます。











南信州の
高い山の上で生まれ育った母なので、


最期の最期まで、

故郷を想い
故郷の山を夢見て、

逝ってしまいました。



d0362666_21115906.jpg







間近に
死を覚悟した母と、

亡くなる半年ほど前に
一緒にいった故郷のある町で、


d0362666_21180852.jpg




五平餅屋のお姉さんに
ポイントカードを勧められ、



「もう二度と来ないから...。」


と、
悲しそうに俯いて呟いた母の小さな肩が、

忘れられません。



d0362666_21183563.jpg





この日は時間がなく、


母の故郷の山まで登れず帰ってきましたが、


あの姿が、
悲しくて悲しくて...。






後日、

主人に頼み込んで休みを取って貰い、


母の体調を診つつ、
三人で故郷の山に登りました。



d0362666_21155756.jpg

d0362666_21151040.jpg




山の日暮れは早くて、

滞在したのは僅か二、三十分ほど。




それでも、

かろうじて残っている生家の前の
お地蔵さんに手を合わせ、


峠の茶屋から
木曽の山々を拝み、



d0362666_21165167.jpg





全てに、

この世での
感謝とお別れを伝え終え、



幾らかは満足し
幾らかは名残惜しそうに、



涙を流しながら
寂しく喜んでいました。



ひじょうに複雑に
色々な感情が交差しているようでした。




d0362666_21134225.jpg






それから間もなく、



あんなに大好きだった植物を
間近に見ることも触ることも叶わない、


厳格な管理の上の
入院生活に入りましたので、




あの時の
母や私たちの判断と行動は、


今考えても
本当に良かったと思います。




もし行っていなかったら...、

母も私たちも

大きな悔いが残ったことでしょう。








人は、

自分も含め、

本当に
いつどうなるかなんてわかりません。






少しでも

悔いなく、


今を精一杯生きたい。




そう、
強く想う一日となりました。










そして、
縁もゆかりもない、

ましてや

選ばれた高い場所に住んでいる

彼女に、

こんなにも感情移入出来たのは、




それは彼女が
重い病の身でありながらも、


人一倍以上自分自身を律して努力を重ね
あらゆる事や人に感謝を怠らず、



家族はもちろん、


自分以外の弱い立場の人々に

とことん心を寄せて、


最後まで生ききろうとする姿があったから...

だと思います。







本当に、
ありがとうございました。


そして、

どうか、

安らかにお眠りくださいますよう
お祈りいたします。










今朝、

自分の至らなさを棚に置いて、

頑張っている人のせいにするように

ぼやいたことを、

情けなく思い、

痛切に反省しています。












そしてやっぱり。


母はきっとこの目を通して、

私自身とこの世を見ている

と、
思えますので、



もっと心して、


まわりを見たり

自分自身を見ていこうと思います。





d0362666_21552046.jpg
d0362666_21565581.jpg
d0362666_22002088.jpg




















by mimanon | 2017-06-23 22:04 | 大切な人たち。 | Comments(0)