心の景色。








おはようございます。







みかん。

d0362666_07355647.jpg

朝一番。


ウンチ踏んで、

父ちゃんに洗って貰ってます。







ありゃりゃ。

d0362666_07372471.jpg

ま。仕方ないわな。














のん。

d0362666_12582555.jpg

こちらも朝一番。ん?

みかんの次だから2番か?








定期健診に
かかりつけの動物病院へ。

d0362666_12584378.jpg

早いし眠いよね。








いいお天気。

d0362666_12585957.jpg

ずんずん。

主人の車で向かいます。








のどかな景色を抜けて。

d0362666_12592017.jpg

到着。






本日。

久しぶりに院長先生担当。


結果良好。



心臓の状態も、

「昔よりいいくらいですねー。」

と言われ嬉しいびっくり。



もっと驚いたのは、

肝臓と腎臓の数値が
ここのところ見たことが無いくらい
低いこと。



しかし。

飼い主的には、
油断しません。



頑張った結果が今日の結果。

良かったからと手を抜いては×、
と、
自分に言い聞かす。




ただ。

左前足の腫瘍は
毎日消毒処置になりました。



院長先生には
まだ伺っていなかったので、
念のため、

「オペは?」

と、
聞いてみました。


オペして切除は
今の体調・年齢考慮して、
やはり無理とのこと。

消毒でいきましょうとのこと。


はい。了解致しました。
頑張ります、先生。









暑い中、

d0362666_12594946.jpg

長い時間おつかれのんちゃん。


帰宅です。













お待たせしました。

ごはんです。

d0362666_20405185.jpg

「ガツガツ」






d0362666_20410523.jpg

「ムシャムシャ」






d0362666_20413523.jpg

「ペロリ」












病院の待合で見て、
気になっていた耳の内側の毛。

d0362666_20415151.jpg

蒸れやすくなるので、
バリカンでスッキリカット。


ついでに耳掃除も...。




今日は色々災難だねぇ。

ごめんね。















本日処方のいろいろ。

d0362666_13012201.jpg

腕の処置が毎日になり、

「メロリンガーゼでは
お値段的にキツイでしょう...。」

と、
おっしゃる先生のご配慮と
先生の工夫から、


写真左の普通のガーゼに、

生理食塩水を
たっぷり含ませて当てる方法に
変えることに。






そのメロリンガーゼ。

d0362666_17561699.jpg


一枚100円。

傷に当てる側がツルツルしてる。

確かに便利で優秀。



( ※ ちなみに、

先の写真の右のフードは、

食べむらのある

みかんのトッピング用に…。)

















帰宅してすぐ。

d0362666_13013936.jpg

またもや。

精進落としに...と、
父から届いた

うな重。



お盆に休みが無かった主人に合わせ、
本日に...。




きく本のうな重。
もの凄く美味しい!


うなぎ苦手な私もガツガツ食べる。

ご飯の間に2切れあり。










みかん。

ちょっとお出かけの父ちゃんを
窓から出待ち。

d0362666_15080148.jpg

「まだかなまだかな」







来た来た。

d0362666_15081714.jpg

「いってらっさい」














午後3時50分。



洗濯物を取り込みに。


2階の窓から。

d0362666_15520552.jpg


d0362666_15521938.jpg

快晴。







今。

この美しい空を見て、

ふと
思い出したこと。






以前、
描いていた
大きめの絵のこと。




その絵は、

半分以上空でした。




残りの部分の
草原や花や虫や鳥は複雑なため、

時間はかかりましたが、

わりとスムーズに描けました。




しかし。

一見単純そうな空と雲が、

なんともかんとも難しく、


「ウンウン」言いながら描きました。




その分、

出来上がりはどの部分よりも、

非常に満足したものです。








私は、

描いていると、


いつの間にか

自分が対象物になっていて、


この時も、

自分が

空になって描いていました。









が!


しかし...。





そのわりに人が見ると、


空は頑張って描いた様に

見えないらしく、


がっかり。







を、

思い出しました。







単純なものほど実は

とても複雑で、


その逆もありなん。か?






なので。


私には思うように描けないし、

やっぱり空は手の届かない

憧れの存在で、

見るたびに感動する...、

...のかもしれません。












その絵。

d0362666_16260610.jpg

「唐草」

F50号

アクリル絵の具









この絵は、

当初無意識に、

母を想って描きました。




母がまだ、

普通に元気だった頃です。





母を想って…、


は、

出てきた絵とタイトルを見て、

後で気がつきました。











不思議な事に、

結果として。




この数年後。


母に突然起こる事を、

示唆した絵となりました。









潜在意識の

及ぶ範囲の広さと深さと、

とんでもなさに、


自らに起きた出来事ですが、


ジワジワと

驚いたものでした。










***










みかん。

d0362666_22134716.jpg

父ちゃんと一体化してます。






d0362666_22142937.jpg

腕枕にせず足を置く。








+++







ありがとうございました。



おやすみなさい。

またあした。










∞ つづく ∞













にほんブログ村

にほんブログ村



Commented by mimozacottage at 2017-08-22 07:16
初めまして♪
素敵な絵ですね☆空がとても綺麗です。
Commented by mimanon at 2017-08-22 08:08
ミモザさん。
お越しくださいまして、
誠にありがとうございますm(__)m

また、私の拙い“空”を、
「綺麗」とまで言ってくださいまして、
本当にありがとうございます。
凄く嬉しいです。

この場で申し訳ありませんが、
どうしてもお伝えしたくて…。

先日のミモザさんのブログ。

ヘザー・ハイヤーさんのお話。
ヘザー・ハイヤーさんのお母様のスピーチ。
そして、ミモザさんのお言葉。
「死が人生の終わりだと思うと、........
一生、その人と共に生きることができる。」
(途中省略させて頂きましたが、全文。)

すべてに、
非常に心を打たれ涙がでました。

悔しくやるせない現状でもありますが、
例え絶望の中にあっても、
大きな希望を、
人は気持ち次第でしっかり持つ事ができる。

私も、神も死後も信じていませんが、
ミモザさんと同じ思いです。

ありがとうございました<(_ _*)>
by mimanon | 2017-08-21 19:14 | 絵(心の景色と心の庭)。 | Comments(2)