みかんの前世。



今日は薄曇。


こんな日はさんぽです。


みかん。

父ちゃんとふたりで行って来ました。



d0362666_20344615.jpg


いい顔。

楽しかったみたい。

よかったね。







帰ってきたらおやつの時間。

d0362666_18230981.jpg
「なにそれー?」





d0362666_18214417.jpg
「ふぉー...いいにおい...」





d0362666_18265783.jpg
「ちょーだーい」





d0362666_18222395.jpg


どーぞ。




d0362666_18240906.jpg
「うまいー」





今日のおやつは、

納豆と豆腐でした。





わんこって。

臭いもの、

とりわけ、

発酵食品
ほんと好きですよねぇ。






あとは。

父ちゃんとまったりします。



d0362666_20440148.jpg

d0362666_21173703.jpg






それから、

d0362666_20315769.jpg

いつものように、

寝ている父ちゃんを足蹴にして、





落ち着いたら、


顔を洗い出します。


d0362666_21201094.jpg

d0362666_21203183.jpg

d0362666_21210795.jpg

d0362666_21213074.jpg

d0362666_21215336.jpg


微妙ですが、

確実に顔を洗っています。








d0362666_21184392.jpg


再び、

まったり。





そういえば、

先住わんこゴールデンレトリーバーの
はるも、
よく顔を洗っていましたっけ。




猫ちゃんでもあるまいし、
のんもやんないので、

はるが特別なんだ...

と、
思っていましたが、

こういうもん?




ああそうだ。

はるも、
発酵食が大好きだったな。







もしかして、


d0362666_20323002.jpg


みかん。

はるの
生まれ変わりとか?



そういや、

我が強いところとか、
よく似ている。



そこんとこどうなのよ?


それと、
明日は雨かしら?

町内一斉側溝掃除があるんだけど...。








d0362666_20433711.jpg
「そうかもねー」






















にほんブログ村


# by mimanon | 2017-06-24 22:31 | わんこ。 | Comments(0)

母。





今日。

あれからじきに、


テレビで、
とっても悲しい出来事の報道があったので、


暫く、
呆然と過ごしてしまいました。






失礼ながら、

昨年亡くなった母と
ご様子が酷似していたため、

ずっと、

陰ながら
遠い空のした、

応援したり祈ったりさせて頂いていた方の
訃報だったので...。


涙が止まらない。


昨晩から、
その方のいない世界を生きていたのだ。

もう
この世にいないのだ。

二度とブログが更新されることはないのだ。

どういうことだろう。









来月半ば。


大好きだった母の
一周忌を迎えるのですが、



人って、

もしかして、

やっぱり、

最期には、
「不思議な事」を起こせるのだ...


と、
納得した出来事でもありました。







母と私は、

家族の中で唯一
感性が同じ方向を向いていました。



取り分け、

自然や植物に向ける眼差しと
その感性は、

母亡き今も
私の中に生きているようで。



たった今も、

私の目を通して、

母はこの世を見ているとさえ思えます。





母が、
最期に起こした
「不思議な事」は、


まだ暫くは、

心の中に沈め寝かし蓋をしておく
必要があるようで、


どうしても書けません。






母の病室から

持ち帰ってきた荷物にも、


未だ手を付けられずにいます。











南信州の
高い山の上で生まれ育った母なので、


最期の最期まで、

故郷を想い
故郷の山を夢見て、

逝ってしまいました。



d0362666_21115906.jpg







間近に
死を覚悟した母と、

亡くなる半年ほど前に
一緒にいった故郷のある町で、


d0362666_21180852.jpg




五平餅屋のお姉さんに
ポイントカードを勧められ、



「もう二度と来ないから...。」


と、
悲しそうに俯いて呟いた母の小さな肩が、

忘れられません。



d0362666_21183563.jpg





この日は時間がなく、


母の故郷の山まで登れず帰ってきましたが、


あの姿が、
悲しくて悲しくて...。






後日、

主人に頼み込んで休みを取って貰い、


母の体調を診つつ、
三人で故郷の山に登りました。



d0362666_21155756.jpg

d0362666_21151040.jpg




山の日暮れは早くて、

滞在したのは僅か二、三十分ほど。




それでも、

かろうじて残っている生家の前の
お地蔵さんに手を合わせ、


峠の茶屋から
木曽の山々を拝み、



d0362666_21165167.jpg





全てに、

この世での
感謝とお別れを伝え終え、



幾らかは満足し
幾らかは名残惜しそうに、



涙を流しながら
寂しく喜んでいました。



ひじょうに複雑に
色々な感情が交差しているようでした。




d0362666_21134225.jpg






それから間もなく、



あんなに大好きだった植物を
間近に見ることも触ることも叶わない、


厳格な管理の上の
入院生活に入りましたので、




あの時の
母や私たちの判断と行動は、


今考えても
本当に良かったと思います。




もし行っていなかったら...、

母も私たちも

大きな悔いが残ったことでしょう。








人は、

自分も含め、

本当に
いつどうなるかなんてわかりません。






少しでも

悔いなく、


今を精一杯生きたい。




そう、
強く想う一日となりました。










そして、
縁もゆかりもない、

ましてや

選ばれた高い場所に住んでいる

彼女に、

こんなにも感情移入出来たのは、




それは彼女が
重い病の身でありながらも、


人一倍以上自分自身を律して努力を重ね
あらゆる事や人に感謝を怠らず、



家族はもちろん、


自分以外の弱い立場の人々に

とことん心を寄せて、


最後まで生ききろうとする姿があったから...

だと思います。







本当に、
ありがとうございました。


そして、

どうか、

安らかにお眠りくださいますよう
お祈りいたします。










今朝、

自分の至らなさを棚に置いて、

頑張っている人のせいにするように

ぼやいたことを、

情けなく思い、

痛切に反省しています。












そしてやっぱり。


母はきっとこの目を通して、

私自身とこの世を見ている

と、
思えますので、



もっと心して、


まわりを見たり

自分自身を見ていこうと思います。





d0362666_21552046.jpg
d0362666_21565581.jpg
d0362666_22002088.jpg




















# by mimanon | 2017-06-23 22:04 | 大切な人たち。 | Comments(0)

生きる。




おはよう。

青空。




ちっぽけな私だけど、

今日もここで生きている。



d0362666_08360569.jpg




お金をかけたりっぱなお家も、
りっぱなお庭も、
りっぱな経済力も、
りっぱな地位も、
りっぱな学歴も、
りっぱな能力も、
りっぱな肩書きも、
りっぱな健康も、
りっぱな…
………。






なあんにもないけれど、






精一杯。



ここで生きている。








誇れるものはなにもないし、

人並みに使えるからだもない。




ないないづくし。







でも。

生きている。




それだけは誰とも変わらない。









神さまは公平だ。




なんにもないものにも、

必ず一つ与えてくださるのだから。














なんでもあるから、



モノを捨てろとか、
ミニマムにとか、

あれはいらないこれもいらない

...。


とか言えることに、

どれだけの人が気づくだろう。







そんな事。


お勉強して
意識してやんなくても、


こんな日の
こんな空が教えてくれると言うことにも。











高いところから
見下ろすことは出来ないし、


毎日必死で地べたを這って歩んでいる。






それでも。

りっぱに。



なんでも持っている誰かと変わらず、

生きている。







そんなことを思いながら、



下から見上げる今日の日の青空を

けして、

忘れないでおこう。



今朝の青空を見てそう思いました。












そんなこと考えていたら。


のん。

ウンチまみれ…(泣)。


慌ててお風呂で洗います。



d0362666_10064394.jpg



今日も。

地べたでスタートです。






















にほんブログ村



にほんブログ村


# by mimanon | 2017-06-23 10:49 | 心のはなし。 | Comments(0)




おはよう。

みかん。


d0362666_13521105.jpg
「なにー?」



はい。
どーぞ。

d0362666_14020287.jpg
「とーふ!」


d0362666_14022814.jpg
「あれ もっといいにおいする」


d0362666_14025022.jpg
「いいにおいー」


d0362666_14031498.jpg
「ちょーだーい!」


d0362666_14053420.jpg
「うまうまー」


納豆でした。





二階の窓から、
西洋ニンジンボクとジャカランタ。

d0362666_12233708.jpg
実は、
西洋ニンジンボクには、

思いっきり、
白と黄の木香薔薇が絡み合っています。

早春は、
滝のように咲く
木香薔薇の木になります。






わんこごはんの、
さつま芋ペーストがスッカラカン。

蒸して皮をむきます。


d0362666_12063294.jpg



つぶして、

d0362666_12065252.jpg
ペースト状にして、



d0362666_19431191.jpg

保存袋に入れ、
伸ばして冷凍保存です。






ひゃー。
魚と鶏もない!

慌てて作ります。


d0362666_18150623.jpg
ブリとマグロを茹でて冷まします。




d0362666_18153725.jpg
鶏胸ミンチも茹でて冷まします。




d0362666_18160317.jpg
d0362666_18163271.jpg
どちらもフレーク状にします。




d0362666_19254421.jpg
しっかり別々に、
保存袋に入れて冷凍します。


のんが、
ひどい鶏アレルギーなので、
ここは厳格です。










基材が揃いましたので、
色々合わせて、

今日のわんこごはんを
作ります。


d0362666_07052860.jpg

ミネラルWに
昆布粉と椎茸粉を入れ、
軽く火にかけます。




d0362666_07060114.jpg

黒すりごま少々。



d0362666_07062922.jpg

ニュートリショナルイースト適量。


腎臓が悪いのん。

動物性たんぱく質を
沢山入れることはなかなか難しい。

これで
ビタミンB群など、
足りない栄養素をカバーしています。





d0362666_07070108.jpg

心臓と大腸の疾患を持つのん。

粘膜や血液を綺麗にしてくれる
自然生薬を少し。


ウンチが緩い時は多めに入れると、
あら不思議!

ピタリと改善します。







d0362666_07072468.jpg

海苔少量。


d0362666_07074824.jpg

のん。
ビオフェルミンを砕いて。






先程合わせた出汁を混ぜ、
d0362666_07081966.jpg


d0362666_07085040.jpg

器に流し込みます。





d0362666_07091865.jpg

全体をよく混ぜ合わせます。




d0362666_07094610.jpg

アマニ油を数滴入れ、




d0362666_07101510.jpg

のんはお薬を砕いていれ、





今日のわんこごはんの出来上がりです。










しかし
のんのごはん。

六月十九日夜から、

前日の獣医さんの助言により、

腎臓の負担軽減のため、
水分を今までの倍にしました。

昆布椎茸出汁を増量です。



d0362666_12490193.jpg

まるで、
人間の離乳食か介護食ですな。


でも、
変わらず喜んで食べてくれます。





d0362666_12515013.jpg

今日もペロリ完食!



奥のみかん。
なんか、
変な顔して食べている(笑)。




d0362666_13024047.jpg


からになった器を、
いつまでも舐めています。


今日は少ないくらいかな…。
食欲旺盛。

腎臓状態が悪化すると、
まず最初に食欲が無くなるので、
ひと安心。




今日はみかんもすぐペロリ。

これでいつでもさんぽ行けるね!












さんぽです。

d0362666_17031034.jpg
「うきうっきー」




d0362666_17111169.jpg
「うむ やっぱりいいまんほーるだ」



みかん。
マンホールの柄になっている。





d0362666_16162482.jpg
「これなにー」



おお。
嵐のあとに綿毛になったな。
いいタイミング。


これはねー。
今から飛ぶんだよ。
いいねえ。






d0362666_16210346.jpg
やや?

この木...。

斑入りの株なのにひと枝だけ斑がない。


でもなんかいい感じ。










側溝の蓋の上をー、

d0362666_16241932.jpg
みかんも飛ぶー!








d0362666_17103955.jpg
そしてやっぱり。

飛ぶように帰ります。


お約束。













久しぶりのさんぽ。

いかがでした?



d0362666_17152669.jpg
「たのしかったよー」




そりゃあよかった。









あとは、

d0362666_17163219.jpg




ゆっくり休んでね。



















にほんブログ村



にほんブログ村


# by mimanon | 2017-06-22 20:58 | わんこごはん。 | Comments(2)

ハズレの日。




今朝。


未明から大嵐。
台風かと思うくらい。



ずっと
から梅雨だった分、
いっきにまとめてやって来た
という感じ。


雨戸も開けられない。








みかん。
今日は眠そう。

どうやらハズレの日らしい。


d0362666_12065769.jpg
朝のごはんも食べない。




d0362666_12053352.jpg


でも。



d0362666_12061627.jpg


とうふは、



d0362666_12063478.jpg

食べる。











二階の雨戸を、


d0362666_09215874.jpg

少しだけ開けて、
南の庭。


強風で木々がうねっている。





d0362666_11242608.jpg


アナベルがみんなお辞儀している。










近年
なんだか気象が極端過ぎです。



昔の
穏やかさを
知っている年代としては、
通年、
なかなか厳しいものがあります。


四季を
楽しむ余裕が
なくなってきた感じです。


もっと
バランスよく、
季節を重ねてくれるといいのにな...。








気象病って、
最近
耳にするようになりましたが、
これでは、
体調を崩すひとも出てくるわけです。







そう言う私ですが。


以前、
冬季うつ(季節性感情障害)と
診断を受けていた時期があります。

特に、
日照時間が短い季節や時期に

どうにも具合が悪くなり、


何年間か、
携帯式の光療法で対処していたことも
ありました。




当時は、
仕事で当直勤務についていて、

日常的に、
かなり不規則な生活を
強いられていたせいもあるのですが...。


規則正しい生活と睡眠、

大事ですねー。





今は、
昼寝こそしていませんが、
三食付(自分で作る)だし、



むしろ冬季のほうが元気です。












雨が上がり、
みかんとさんぽに行こうとしていたら、

また雨。
どしゃ降り。

今日は断念...。







ちょっと庭へ。

d0362666_16593905.jpg

クレマチス
踊場。



d0362666_16595632.jpg


シュラブローズ
カラーオブジュピター。
最後の花。

雨傷みがありますが充分綺麗。

実物はもっとグレー。
ハイブリットティーのグレイパールに似た色。




d0362666_17001618.jpg

d0362666_17003291.jpg

ハーブ
サントリナ。

雨粒が沢山ついてきらきら綺麗。










ぼちぼち、

たまった事務仕事や
わんこごはん作りや
肉無し肉じゃが作りや
絵描きをします
(欲張り)。






ミィは、

d0362666_17442474.jpg


ごはん食べようね。

















にほんブログ村


# by mimanon | 2017-06-21 17:58 | 庭とわんこ。 | Comments(3)